山本由貴 Official Website

 

PROFILE

山本 由貴Yuki Yamamoto

Size
Height: 160 B: 83 W: 60 H: 82 Shoes: 23.5
Hair
color: black
Eye
color: blown

1989年2月21日 福岡県八女市うまれ。
フリーランス。

2002年
福岡のモデル事務所に所属。広告・CM・ブライダルショー等に出演。
2006年
FLASH(光文社)主催のミスFLASHコンテストで審査員特別賞を受賞。
2009年
福岡を中心に情報バラエティ番組に出演。
タレント活動を始める。(〜2015年3月まで)
2014年
所属事務所から独立。
2015年
役者・ナレーション・モデル活動に重点を置き、映画やドラマ、
舞台等で活動中。

上記活動と並行し2014年より故郷の星野村で無農薬棚田米つくりを始める。
2015年12月からは八女市茶のくに親善大使を務めている。

hibino(日々の)

すっきり晴れた日曜日ですね。とはいえ風は冷たし。4月も中頃だというのにホッカイロをしのばせました。腰とかおなかとか冷えたらやだもんね。普段から重ね着ばかりなので、毎年これくらいの季節になると重ねる枚数で迷ってしまう。と同時に「ゆきちゃん重ねすぎ!脱いで!出して!」と数年前に出演していた番組でお姉さんからファッションアドバイスをいただいたのを思い出す。

風も強くて肌寒い今日だったな。夜はオンラインでの打ち合わせがあったので、今朝から家のことをぱぱっと片付けて午後にちょいとパン屋さんまでお散歩に行きました。のこりひとつになってたパンを選ぼうとしたとき、スッとお隣から手が伸びてきて「あッ。(同時に選んじゃってきゅんとするあれ)」ってなりそうだったのでシュッとすり抜けほかのパンへ。はじめましてのその方と目が合いお互いに「すみません。(にやにや)」っていうやりとりがなんだか楽しかったです。ふふふ。あたたかくしておやすみなさい。

お手紙を出したい気分でバスに乗っています。雨がぱらぱら金曜日だい。ほんとあっという間の毎日びっくりしちゃう。ぼーっとするのが得意なわたしでこんなにあっという間に感じるのだから、きっとみなさんもっとでしょう。今週もおつかれさまでしたです。お家に帰ったらお風呂にはいってあたたまってくださいな。最近お風呂あがりにタオルを持って肩甲骨を動かす体操をするのにはまってます。首のストレッチで続けられそうなものも探し中。よさげなものがあったら教えてくださいまし。

もう数年会えていない人と遅い時間に電話をしてあれこれ近況報告をする。最近はとくに「あらためまして、はじめまして。」っていうようなことばかりで、自分の知らなかった自分に挨拶しているような気持ちだよっていう話を「うん、すごくよくわかるよ。」って聞いてくれる。話して、聞く。音の温度にとても元気をもらえた。発するものは、どこかへ誰かへかかる。朝が来て嬉しい。花の香りが甘い。暖かい格好での冷たい風は気持ちがいい。日々の美しいところに生きていく。今日もみなさまおつかれさまでした。ゆっくり休んでいい夢を。

すっきりとはしていない空ですが遅めの洗濯をして干してきましたヒビノですこんにちは。風が吹けば太陽が顔を出してくれるのですがねー。ふんわり乾くかなどうかな。気温も低くてタートル着ちゃいました。あったかーい日はいつかしら。今日からちょいと新しいことの始まりです。がんばるぞっと。

目の前に海がひろがる雲仙小浜。昨夜からしっとりと雨が降っていて、今朝は海と空が溶け合って幻想的な眺めです。友人家族のちびっこたちと追いかっけにかくれんぼ、神社に咲いてる藤のかおりににやにやして過ごした時間が夢だったように感じる。

今日はとっても早起きさんで南へはしる車の中。ながれる景色があおあおしとります。新緑の柔らかそうな葉っぱがもりもりの山々。あおあおとしてもりもりなやまやま。ご機嫌だい。薄い雲がひろがってるのもまたよし。優しい気持ち。週はじめのみなさま、今日もいってらっしゃい。

優しい水色の晴れた空。日曜日とてお掃除から今日が始まる。窓を大きく開けて気持ちいいなぁー。昨日は「あれこれしなきゃいけないマン」でしてちょいと混乱でした。なにもかも投げ出したくなって、でもそうできなくて、そしたらかなしくなっちゃって「あーもうだめだー」ってなってしまう。いっこいっこね。順番を決めてひとつずつ取りかかるといいのよね。てわけで今日もいっこいっこ進めていきましょね、はい。

ご近所さんの朝の気配がなんだか明るい。そっかー、土曜日かー。空気はちょっぴり冷たいけど空は穏やかでお出かけしたくなっちゃうなぁ。先日お水を汲みに行ったとき、山の上の方にちらほら藤が咲いていました。あとシャクナゲが満開だった。苺もたくさん出てるしラブリーな季節が続きますなぁ。あったかくして、今日もいってらっしゃい。

眠ったぁー!おはようございます。あ、おそようございます。昨夜は23時半ころにはお布団の中で「最高だなぁ」と感じてたのだけど起きたらもう朝もおしまいですね。すっきりすっきり。友人たちからは「だんだん眠れなくなってくるよ」と聞きますが、いまのところいつまででも眠れそうな気持ちです。さ、今日もお掃除していきまっしょ。

はいったことのない路地を歩くのはたのしい。昨日、友人のカメラマンと写真を撮るのに警固から六本松そして大濠へとぐるうりお散歩しました。「こっち行ってみよ」て感じで坂を上ってみたら公園があったり近くを何度も通ってるけど知らないことっていっぱいあるんだなと。今日このあとはちょいと運転してきます。太陽でてきてくれるといいな。今日もみなさんご機嫌さんでいってらっしゃい。

おはようございます。むーんと背伸びして爽やかに始めましょ。前髪も後ろ髪も伸びてきてアレンジにあたふたしています。夏くらいにまた短くしようか、んでも長いなら長いほうがささっと結べて楽なのよね、とか。迷う。さぁさぁ、今日明日はちょいときゅきゅっとした予定がひょひょいと入っています。張り切りすぎず行ってきます。

もうみんな眠ってるかな、っていうヒビノです。ぎりぎりの今日。今朝から青い空で気持ちよかったなぁ。今月来月のあれこれを作業しながら、お洗濯や掃除をする。暮らすことは楽しい。わたしもそろそろ夢の中へ。おやすみなさい、またあした。

昨日は二十四節気、清明でしたね。雨上がりの空気が気持ちよかった。先々週に訪ねた由布院でジャズ羊羹をゲットしてまして、今日は春の気分沈み込みがち祭り(お祭りっていうと活気が出る気がするので心がへなちょこになった時ほど祭りに命名するひとり遊びです。今は漢方やサプリやお灸でポカポカになって穏やかな気持ち)だったので、昼下がりのおやつにいただきました。かわいくておいしいって最高ですね。すこし肌寒く感じる今夜。あったかくして過ごしましょ。

久しぶりに車を運転して稽古場まで。エンジンをかけるとすぐにカーナビが「今日はインゲン豆の日です」とお知らせしてくれる。そうかいそうかいと走り始めると画面上で公園のあるところに桜のマークが出ていた。18歳からの付き合いだけど、季節でこんな風になってるなんて今まで気づきもしなかったなー。空にはグレーの雲が広がり始めていて綺麗だった。

のどがざらっとやな感じです。花粉とか黄砂とかなにかあるのかなぁ。最近はパパッとつくれる鶏スープにはまっていて、食べるときに梅干しをちょんっとのせるとおいしいしポカポカするしすっきりしてよし。なぁんかこう、体の内側から湧いてくるエネルギーが弱っている気がする。いつからかこの季節はいつもこんな感じだから「あらあらまた季節が巡ってきたんだねぇ」と、あったかい食事をしてのほほんとやり過ごそうと思います。

4月のはじまり。フリーランスになってまるっと7年。望み望まれるところで表現を続け、新たな波には意識的に揉まれにいきますと動き始めた当時。その時と変わらない穏やかさと激しさを保ちつつ、もっと軽やかでありたいし澄んでいたいフリー8年目のはじまりです。おかげさまです。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。です。それと、お誕生月のみなさまおめでとうございます。どうぞよい日々重ねでありますように。晴れ。

久しぶりに長い夢をみて、目が覚めてその夢の話を家族にするってとこまでの夢をみた。このヒビノをかいたあと夢の日記をつけるのだけど夢の中とはいえ一度話している分、結構しっかり覚えているもんだなぁなんてぼんやり思う。昨日の撮影を終えて帰宅したら、ほわっと気持ちが緩んでなんにもできなくなったので冷蔵庫の中にあるものでお夜食をつくった。ええいあれもこれもいれてみちゃえと作ったお蕎麦だったけど、心の向くままにつくるのは楽しくてお味はまぁまぁでした。さ、今日で3月もおしまい。いつも通りのこともして、心の向くままのこともしよ。

気持ちよい朝の空気。おはようございます。今日の撮影にむけて昨夜早くに眠ったら朝方に目が覚めて、眠たいけど眠れなくてでも眠たくてってな感じでぽやぽやしてたらいつのまにか眠って朝でした。2晩分眠ったような気持ちです。焼き立てパンとコーヒーを楽しめるくらい早起きしたらよかったなーと葉桜の横を通っています。いってきます。

春は気持ちが不安定になったり疲れやすかったりするから得意じゃなかったりする。今日はお休みだったのだけど家から出たくなくてひたすらにぼんやりしておりました。ほうれん草をもりもり食べて、掃除洗濯して整えて、夜は早めの時間にゆっくりお風呂につかってポカポカです。明日はお久しぶりなみなさんとの撮影です。楽しみだなぁ。ベッドの上で本を読みつつお灸でもして眠りましょ。今日も一日お疲れさまでした。えらいっ。おやすみなさい。

さぁさぁ3月最後の日曜日。朝はしっとりだったけど青空がひろがってきました福岡の空。どこもかしこも満開の桜でなんともラブリーな気持ちになります。髪の毛をきゅきゅっと結んでちぎりパンみたいにするのが最近のブームです。

「またあした。」ってうれしいな。動き始めているOPUSの稽古場を早めに出してもらって打ち合わせ途中のヒビノです。稽古場を出るときみんなそれぞれ「またあしたー」って言ってくれて、稽古前のお仕事で入りが遅れたりしたら「おつかれさまだったねー」って言ってくれる。人の声って優しい。今週もみなさんおつかれさまでした。また、あした。

いつものナレーション収録を終え、うららかな空の下バスに揺られ天神へ。てれてれお散歩して友人とちょっぴりおしゃべりした後にぽんプラザホールへ観劇に。終わってまたてれてれお散歩して帰りました。本日、13,491歩。お風呂も済ませてこのあとしばらくお灸しつつ呼吸整えて夢みましょ。

あっという間に今日も夜。なんだか肌寒いですね。この1週間、しばらく会えていない人たちからの連絡がたくさんきていて「あー、春って感じだなぁ。」なんてどこででも春を感じちゃう。お芝居で韓国に滞在していたときの写真も届いたなぁ。ずっとずっと会えていないみなさん、お元気ですか。

あたたかな一日だったなぁ。列車に揺られながらヒビノです。窓の外を菜の花や桜が流れてく。明るかった空が夜へうつろう途中の色がとても美しくて吸い込まれそうだった。ぎゅうぎゅうになってた心がふぁわわわってほどけてくのを感じた。

なんだかこうモヤモヤっとしたものがある時って嫌ですねぇ。わたしは「嫌だなぁ」と思うことがそもそも嫌なのであまり出会わないようにしているのですが、それでも思いがけず囲まれることがある。明るく乗り切ろうとしてもだめ、受け止めてみようとするとグググっと胸が苦しくなって倒れてしまいそうになってだめ。そんな時は「よーし、動けるうちにさっさと逃げろー」と、モヤモヤがモヤモヤじゃなくなるまでふわっと距離をとってみることにしています。幸いなことに外に出れば花の甘い香りが癒してくれるし晴れていれば暖かだったりで、ぼーっとしてたら自然と呼吸が深くなってくる。そしたら「あー、目線をかえてみればフィットしていないものがはっきりして良かったんじゃない?」なんて気持ちになってきて何となく大丈夫になったりする。大丈夫になったら、ふわっととってた距離も何でもエイッて飛び越えてあとは楽しいことだけだ、うん。

祝・春分。イムズへ行ってきました。梅佳代さんと川島小鳥さんのスペシャルトークが本当スペシャルで、ふわふわにやにやな時間でございました。イベント中いくつもグッとくる瞬間があり、あらためて『すき』と向き合おうと思いました。ありがとうイムズ。最近は日毎に開く近所の桜をみるのが楽しみ。今日も「満開だねぇ」とか「あらこっちはもうちょっとねぇ」などとボソリボソリしつつ木の下を通りましたとさ。

近所でお安くなっていたフリージアを花瓶にいけて3晩。ぽこんぽこんとふたつ開きました。近くを通ると甘く優しいかおりがふわっと漂ってきて幸せです。今日はいろんな人と連絡をとったりオンラインでオーディションだったりで、家にいたのだけどちょっぴりくたびれ気味。あたたかくして今夜もおやすみなさい。

今日は母の誕生日。「おめでとう」の電話をしたら「いやお母さんも朝から電話しようかと思うことがあったとよ」とのことでいろんな話を聞く。どうやらスマホにしようかという気持ちが湧いてきたようで、あの機種はどうかなこっちはどうかなといった具合。昨年秋くらいに「会えない間の家族写真が共有しやすいよ」と話してたのがじわじわ響いたんかなぁ。その他にも季節の話をしたり、最近まわりはどうですかみたいないつもの話をしたりであっという間に時間を重ねてく。ずっと元気でいてください、お母さん。

夜はまだ肌寒いなぁ。ぽわんぽわんと開き始めた桜を見上げながら歩く夜道が楽しい。お昼前にお仕事でよくお世話になっている方から電話があって、そのとき手が離せずとれずにいたら「天気いいですよ、起きてください」って素敵なメッセージが入ってまして。お電話折り返せたのは夕方すぎだったのだけど通話し始めて最初に「おはようございます。あ〜よく眠った〜」って冗談言ったらとても笑っていただけて、なにがどうなのか分からないけど、なんだかいいなぁーって思いました。お仕事の話もほっこりできてありがたいです。さ、今夜も眠ってまたあした。

暖かめだった今日。稽古から帰ってスープを作って食べてゆるんゆるんな今です。こころの中で良くない芽が顔を出し暴れてやろうかとにったり笑うのを感じる時がある。どうしたんだい話を聞こうじゃないかいと寄り添う余裕を大切に。美しく優しい音楽をいつも心に。

ずっと気になっていたお洋服がおうちに届いた。えらい長いこといただいております、お誕生日祝い。ありがたやありがたや。体調もすっかりとは言えませんが、のびのびっとゆったり過ごして元気になりました。ご心配をおかけしてしまいごめんなさい。よく晴れた日曜日。仕事前にすこしお散歩してぽかぽか太陽いっぱい浴びて体の奥からぐわぁとエネルギーが湧いてきてるのを感じております。

ここ最近の疲れがどっとでたのか今日はおやすみいただきました。アロマをふわふわさせて好きな音楽を聴きながら写真集を眺めたり、お灸をしてとにかくあたたかく過ごそうと努めています。すこし前にみた夢に、亡くなった祖父が出てきた。なにか話したような気もするし話さなかったような気もするけれど元気そうで嬉しかった。

甘い香りに足をとめ辺りを見渡すと沈丁花と白木蓮。すこし先にある紫陽花には緑色の葉っぱが出てきてた。ここの紫陽花はどんな色だったっけと記憶の中を探す。たしか薄い紫色だったような気がするけれど答え合わせはもう数ヶ月先のこと。思い出して優しい気持ちになったり寂しい気持ちになったり、明日を思って楽しくなったり不安になったり。笑ったりたまに泣いたりして毎日眠って起きる。感情があっちこっち溢れそうな時はひとまず気の向くままに歩く。歩いて歩いて、みたい景色に会いに行く。

まっすぐに立って目の前をみる。普段当たり前にしていることだけど、意識的にしっかりと、みる。呼吸を観察しながら体に流れるエネルギーを感じる。それから空間と馴染ませてみたりする。ふわんふわんとしているなぁと感じるときにすること。今日も夕陽が美しくて「ありがとー」って嬉しくなった。

ぐっすり眠って夜中に目が覚めて、すこしぼんやりしてまた眠る。起きても眠い、眠ってすっきり、でもまた眠るの繰り返しな今日。なんでもかんでも「春だしねぇ」と季節のせいにしちゃう最近です。3年ぶりに再会した女性がいる。小さかった娘ちゃんが穏やかにおしゃべりできるようになっていて、その方は相変わらずというかむしろパワーアップして元気いっぱいきらきらだった。3年会ってなかったんだねーなんて話しながら、なんだろ、昨日も会ってましたよねってくらいスッと馴染むこの感じも懐かしいなぁと。澄んだ水のように、柔らかな風のように、またつぎも笑顔で会えますように。

またぐっと寒いですね。奄美撮影のときに監督が「家のコートはクリーニングに出してきちゃいました」と話していたのでちょっぴり心配しています。あったかくしてるといいなぁ。午後、友人の写真展へ行く途中に新しいお花屋さんを見つけた。ふらり寄ってみるとドキドキするような個性的な花がたくさん。その場をパッと明るくしてくれそうな気になるコをくるんっと紙でつつんでもらって、いいねいいねかわいいねとニヤニヤしちゃう散歩道。

二十四節気、啓蟄。外を歩くと甘い花の香りがいろんなところで。ああ幸せ。稽古から帰ってきて小松菜の入ったスープが食べたいなとコトコト煮ていたらこんな時間。お風呂してやすみましょ。

今日は無口な父とおしゃべりな母の結婚記念日です。朝から電話しようと思いつつ、ぱたぱたとタイミングを逃しやっと先ほど。「遅くなったけど結婚記念日おめでとうね」と言ったわたしに「ありがとうね〜もう41年かねってお父さんと話したよ〜なごなった(長くなった)ねっち」と笑う母。小さい頃、お父さんと一緒にお風呂に入っていたら「ゆう、風呂から出たらお母さんにごめんねっち言うてこい」と言われたことがあって、そのまま母に「お父さんが『ごめんね』っち言ってっちよ」と伝えると「なぁんがね」とぶっきらぼうな声で笑った母の顔を覚えてる。すこし大きくなった時にその話をしてみると、ふたりとも「そんなことあったかね」と言っていた。あれはたぶん結婚記念日だったんじゃないかなと思っています。

現像をお願いしたいフィルムをまたいくつもためてしまった。明日は写真屋さんへ行こう、次の週末には行こう、とついつい先延ばしにしてしまうんだよなぁ。今日こそは、と出かけた日にまとめて持っていくものだから、一番長く現像を待ってたフィルムは1年近く前に写した瞬間だったりする。待たせたねぇすまないねぇ、と、プリントされた写真たちを眺めていると「ふふ」と穏やかで幸せでちょっぴり寂しいような気持ちになる。いまここにあるフィルムたちはどこへ連れてったものだったかな。この週末こそ写真屋さんへ行くぞ。

お誕生月のみなさまおめでとうございます。祖母と母の誕生日に両親の結婚記念日とお祝い事たくさんな今月です。祝いじゃ祝いじゃ。日中、窓を大きく開けているとあたたかい風がふわっと吹いて「あーシュワっとした飲み物の季節だなぁ」と、のほほんと。家仕事の合間には先月からたくさんいただいていたお花たちにいつもよりたっぷり触れながら花瓶を替えたりしてとてもルンルンした気持ち。揺れるカーテン、お花の甘い香り。なんだかロマンチックな3月のはじまり。

今朝起きた時、昨夜観たドラマの影響をもろに受けて魔法使いになった夢のあとだったからもうちょっと眠っていたかった。春眠。なんとまぁ、あたたかーい陽気ですね。風はすこし冷たいけれど、首元暖かくしてぽやぽや過ごすにちょうどいい感じ。2月ももう終わりかぁ。あっという間に1週間が過ぎて、その日々重ねであっという間に季節がながれてく。お仕事へ向かうタクシーに乗ったら乗車料金が870円で、運転手さんが「きょうはハナマルですね。」って言ってくれた。心がほかぁとしましたとさ。

昨日は雨の音で目が覚めた。静かで穏やかな朝だったなぁ。今朝はどうやって起きたんだったっけ。部屋の中がだんだん明るくなっていくのを眺めるのが好き。夢の中で会った人のことを考えたり自分でしたことを思い返しつつ、手足の指先からゆっくり動かす。今日はどんな夢をみるのかな。明日はどんな朝がくるのかな。

数日前、奄美からひとつ荷物が届いた。「船が出なくて遅れてて」という連絡があって「ゆっくりいいからね」と思いながらも今日かな明日かなとわくわくそわそわ楽しみに待っていたもの。島で過ごした数日がぎゅっと詰まった箱です。自分用のお土産で買っていたお風呂に入れる『塩漬けよもぎ』もとってもよかったなぁ。邪気払いにもいいとのことで、たしかに入浴後は何だかすっきり軽くなったような気がしました。うっかりしちゃうとついあれこれ気にし過ぎてしまうというか、心をきゅっと窮屈にさせるものを残してしまうというか、うまく言えないけどそんなところがあるんですね。前よりはだいぶ気付くようになってきたけど、いやはやまだまだだなぁと目を閉じて深呼吸。心地よくいたいものです。

街を歩いていたら沈丁花がふわりとかおった。なんとなくだけど、この甘い香りは雨上がりのそこに漂うもののような気がしていたから陽気の下で訪れたことにハッとした。そして「一年のうちで沈丁花の香る季節が一番好き」と言っていた彼女のことを思い出した。

友人の家から引っ越してきた桜はずいぶんと花をおとした。その一方で小さく出ていた緑の葉っぱはどんどん存在感を増し、葉先がくねりと柔らかにおしゃれしたものもある。もともとついていた蕾は朝晩の霧吹きのそれのおかげかふっくら膨らんでまた花をみせてくれるのかとわくわくしたりもする。毎日静かに過ごせたらとても幸せだと思っているのだけど、ぱたぱたと家を出る朝や、その出先でもっとあの場所を掃除しておきたかったなと思うこともしばしばある。だけどこうして花の水を換えながらちょっとしたこの変化に気付けることを保てているうちは「今日もよい一日だったな」と感じることができる。

自分でわたしをご機嫌にするのが上手だなぁというのが昨日・今日で考えたこと。外に出るといろんな人と出会う。出会ってみたらいろんな事が起こる。出会わなかったとしても起こる色々がある。呼吸を深くして「いま」をみる。いつもできることじゃないけど、いつも身近なことだなぁと思う。にゃんにゃんにゃん。02.22。

早いけど、とお祝いしてくれた友人から「ところで何歳になるの?」と聞かれ、スマホで【1989年 何歳になる】を検索したのはわたしです。山本、32歳になりました。朝起きてまず母と電話するのはよくあることなのですが、毎年この日は通話が始まったときのはにかみを楽しみにしています。数年前、母に「産んでくれた日だもんね、お母さんもおめでとうだね」みたいな話をして以来、電話口でお互いに「おめでとう」と「ありがとう」を伝える日になっていて、これがなかなか照れるわけですよ。うふふってはにかみを楽しんだあとはいろいろ話して「じゃあね。あ、最後になったけど変わりないっちゃろ?」と聞いてくれる。相変わらずぽやぽや元気に過ごしていますよ。まっすぐに、軽やかに。を今年のテーマにしようかなと毎朝ヨガの太陽礼拝をすることにしました。よし。

先日、常盤響さんに撮影していただいた写真たちが公開されました。『常盤響の週刊ニューエロス』という企画です。以前その企画に登場させていただいたのはどうも2016年のことのようで、そのときと同じ西の海で撮影しました。巡る季節の中で、わたしや響さんに起こった様々を話しながらただただドライブした一日のそれです。宜しければご覧くださいませ。今日は午後から友人と約束があったので今朝から家の掃除なんかしてたらいつもの模様替えスイッチが入ってしまいあっちこっちの家具を入れ替えました。もう少し暖かな日が続いたら思い切って手放すものを選んでみようかなとも思っているところ。どれもこれも大切に選んだものだからなかなか思い切れないかもしれないけれど、より身軽にいたいなと思う今日この頃です。

随分と陽がながくなりました。このくらいの空の色はいつみても美しい。ついついぼんやり見惚れてしまってバスの「降りますボタン」をあわてて押すことになる。みんな夕飯なに食べるんだろな、とか考えながら稽古場へ向かう。ちょっとずつ動き出しています。

ゆきゆきゆき、な今日。久しぶりに会う友人が訪ねてきてくれて午後からやんわりと一緒に過ごしました。二十四節気、雨水。ぎゅっとなっていたものが、とけてするする流れていくころなのかな。「会えて、元気そうで嬉しい。」と伝え合うことの喜び。いつだってしゃっきりと且つやわらかにいたいと思う日。

雪だ雪だ。こんな日は友人から「ゆきちゃん!ゆき!」なんてメールがきたりするからなんだか嬉しくなっちゃいます。すぐにやむのかなぁと思っていたけど、意外とどさどさ降ってきましたね。珈琲片手に届いたばかりの本を眺めていたい気持ちです。みなさんもどうかあたたかくお過ごしくださいね。

今日はずっと家にこもっていました。洗濯や掃除をして、観るのが途中になっていたドラマの続きを観たり。風が強くて窓がガタガタと揺れるたびにすこし不安になったりもした。机に肘をついて手のひらで顔を包み込む。頭を前にたおしてじわぁとかかる圧を感じつつゆっくり深呼吸する。頭を起こして目を開くとなんとなくすっきりして気持ちよかった。奄美から戻って1週間とちょっと。向こうでお願いしたあるものが届くのを心待ちにしている日々です。

友人たちの不安が晴れることを願う。
バレンタインデーだからと一輪のチューリップをいただきました。淡いピンク色のチューリップ。お昼すぎにいただいて仕事でずっと持ち歩いたままのこの子にどの花器が似合うかしらとご機嫌に考えていました。しっくり部屋に馴染むすがたをみて心ほかほかです。

お店にいろんなジャムが並んでるなか選んだのは完熟梅のジャムだった。おいしいんですね、梅ジャム。甘くってちょっときゅんと酸っぱくてにんまりしちゃう。お花屋さんにも路地にも梅の花をみるようになった。ぷっくりふくらんだ蕾がひらくのはいつかしら。いつもナレーションを録ってくれてるりさぴちゃんが「ゆきちゃんの写真をみて家にチューリップを飾ったよ。かわいいねぇチューリップ。」って言ってくれた。なんだろ、この子は天使かなーって思った。ほわほわしたいい気持ちがひろがる。今日もご陽気ですね。

いつものナレーションを終えテレビ局を出る。公園で過ごす家族をみてほっとする。外はいい。空がスコーンとぬけてるともっといい。木陰も好きだけれど。今朝、以前舞台で共演した女の子が結婚したとの話が飛びこんできてなんだかほわんといい気持ち。おめでとう。おめでとう。写真や映像におさまった彼女がとっても可愛くて嬉しくなっちゃったのでご機嫌な春っぽいジャムでも買って帰ろ。パンにぬってはむはむ食べてほわわんと過ごそ。

明日はお休みの方が多いのかしら。いつもだったら週真ん中の水曜日の夜。なんか好きです、水曜日。家のストーブの灯油をきらしてしまったので足元に布団乾燥機の温風をあてて暖かくしています。来週からまた寒くなるというし早めに灯油買いに行かなきゃな。なんだかこう、ざわざわするというかぐちゃぐちゃしてるというか、そんな今日だったなぁ。自分の声を聞こうとすると目の奥がどんどん熱くなる。言葉にできないどろりとしたそれ。誰にもふれぬように目を閉じ口を結んでみるものの「かなしい。」と胸の奥が泣いている。ような気がする。「そうかそうか、」と声をきく。

美しい海と美しい花は最高だなぁと思った一日。久しぶりにご一緒したとある方に写真を撮っていただきました。ゆるゆると刻む時間が愛おしいでしかないその方。出会った時からの様々に思い馳せる時間がご褒美すぎてずっと「はふー」と目を閉じていました。

すべり込みヒビノ。今日はただただおうちでのんびりしていました。たまっていた洗濯物を片付けながら、ちょこちょこと掃除をしたり模様替えをしたり。最近「あ、風向きが変わったな。」って思うことが増えてきた。文字どおりのそれではなく、自分まわりのというか機嫌というかのそれなのですが。それまで気になっていたものが気にならなくなったり、その反対のことも起こる。変わっていくものも変わらないものもそのままに、いまここに居るということにフォーカスする。ふわりと浮かんだり、とすんと沈んだりを繰り返しながら、今日も夜がやってきたので眠る。

帰ってきてました、ただいまー。昨夜、福岡空港におりてまず小さく「さむ。」て、ひとりごと言いました。奄美では日中はコートいらずなくらい暖かでとっても心地よかったけど、コートの首元からはいる冷気もなんだかやけに気持ちよく荷物かかえてえっさーほっさーちょっと歩いたりしつつ。洗濯しなきゃな洋服もたくさん。お返事しなきゃなメールもちらほら。んだけどちょっとだけ、今日の陽気を浴びつつ一旦コーヒー散歩。あったかし。

夜が明ける前に身支度を整えて集合時間までゆっくり過ごした今朝。夕方くらいからこちらは雨が降るかもとのことですこし風が出てるかなぁ。昨日撮影させていただいた方がいて、その方とお話しているとなんだか心がほかほかとあたたかな気持ちになった。そういえばこの気持ちって久しぶりかもしれないと思った時、景色はより鮮やかになり木の枝の先の蕾のふくらみや地面にぴょこぴょこと顔を出す小さな草花の存在感が増したのに気付いた。またうっかり自分で自分を窮屈にさせちゃってたことに「ごめんね。」して、大きく息を吸うのでした。今日ものびのびとまいりましょ。

うがみんしょうら〜。(“おはよう”や“こんにちは”などの挨拶ですって。)奄美での撮影、のんびり続いています。ここではあのカットこのカットと少人数のぎゅっとしたチームであちらこちらテキパキしつつも、みんなでお弁当を買ってきて海を眺めながらいただいたりしています。この数日ずっとそこに海はあるのだけど「ほんと、きれい。」って毎度言っちゃうし、うっかりぼんやりしすぎる事もしばしば。お仕事しながらじわぁってほどけてく感覚があって、こんなに幸せなことってあるんだなぁと。ありがたし。今日もいってきます。2月5日、にっこにこ。

ざざぁって波音をききながら眠って、波音をききながら起きた。夜の海は真っ黒で山育ちのわたしはちょっと怖いなと思ってしまう。それでも朝がくればそこはすごく穏やかで、淡いピンクと水色から1日が始まるのはとてもラブリーな気持ちになるなぁと思う。ひさしぶりに夢で会った人がいる。波音のおかげかなぁと思う。奄美滞在まる1日。とってもいいところ。もうずっとここにこうして暮らしてたみたいな気持ちです。

遠く遠くまでひろがるメレンゲみたいな白い雲を抜けたらピンク色の朝焼けの空でした。通路を挟んで反対側の窓からは太陽がまっすぐに射し込んでいて、椅子や人から漏れた光がわたしの頭上にかかる。眩しい暖かい色。早起きだったから眠るかな、読みたかった本を2冊も持ってきたぞ、なんて思ってたけどあっという間の空の旅。撮影チームさんから自宅へ送っていただいた検査キットで陰性反応を確認して、今日から数日間は奄美です。初上陸、どうぞ宜しくお願いします。そして二十四節気、立春。新しい始まりです。

ハッと気付いたのが昨夜。はじまってました、2月ですね。数年前によく22時22分とかを目にしていたので「2」という数字はなんとなくだけど距離感が近い気がしていて、そんな今日も2月2日ということでにっこにこです、はい。いつもできるだけ毎月1日にそっとここに置いていることですが、誕生月のみなさまおめでとうございます。どうかみなみなさまがよい日々重ねでありますことを。今月は甥っ子もわたしも誕生月。春になったら甥っ子は高校入学のようでびっくりしています。わたしが高校1年生のころ、学校終わりに駆けつけた病院でおぎゃあと産まれてきた彼。「君が産まれてくるとき、しょこちゃん(わたしの姉で、彼の母)はこんなだったよ、あんなだったよ。」「じいちゃん(わたしの父で、彼の祖父)は、君がしょこちゃんのお腹にやってきたとわかったとき、まだ数本残ってる箱を横に置いて禁煙したんだよ。〈長生きせにゃあいかんくなったごたあですけんね〉って笑ってたよ。」と話すと大体「ふへっはいはいそうですか」とにやにやしてくれる男の子です。大きくなったばい。

朝、オンラインでのナレーション収録を終え、ごはんを食べて、TNCへ移動して本日ふたつめのナレーションのお仕事。終わってみたら暗くなって雨もしっかり降っていて時間や場所の感覚が一瞬迷子になっちゃいましたが、難しかったことや嬉しかったことを胸の奥で繰り返して暮らしにチューニング。今回、ドキュメンタリー番組のナレーションを担当させていただきました。また放送日時などお知らせさせてくださいね。声の一日。ありがたいなぁ。

数日前、シチューをつくった。友人の里山サポリ君にもらったにんじんやフェンネルを使ってつくった豆乳シチューなのだけど、とっても優しい味わいで自分をとびっきり甘やかしてるような気持ちになった。スープが少なくなってきたらまた豆乳をたして味をととのえたり、マカロニをいれてパスタっぽくしたり。甘やかす日々でした。今日もいーい気持ちの空。朝いちばんにいつもの美容室で前髪を切ってもらって、街へ向かう流れと逆方向へ歩く。一日の活動時間が長くなりそうな今日。まずは朝ごはんにしましょ。

ふんわり爽やかなお天気。昨日はKBCシネマにおいでくださいましたみなさまありがとうございました。わたし自身、一昨年ぶりに『福岡』をスクリーンで観ることができてすごく幸せでした。以前観たときよりも、わたしと作品の仲がぐっと深まった気がします。お友達のカメラマンのいわいあやさんも足を運んでくれていて、感想をたくさんたくさんメッセージくれました。あまりにもたくさんくださったので今度あやさんとお喋り配信などしてみようかな、なんて思ったのですけどどうだろう。。なんて考えながら大橋駅ちかくで観劇。そしてこれからOPUSです。いってきます。

このあと15:20〜KBCシネマさんにて、日韓コラボ映画特集『福岡』上映です。上映後はほんのちょっぴり休憩をはさんでトークイベント。プロデューサーの西谷さんと一緒にわたしも参加させていただきます。楽しんでいただけるように、わたしも楽しんで、いろいろとおしゃべりできたらいいなぁと思いつつトーストを食べる。スクリーンで福岡を観るのも一昨年ぶりなのでそこもワクワクしています。くれぐれも、ご無理なく。劇場でお待ちしています。

今日はいつもと違う時間でのナレーション収録。いつものメンバーでほわんほわんとお仕事です。ほんとね、ゆるさもあるしっかり者さんたちでいつもお世話になりっぱなしです。ずっと一緒にこうしてお仕事できることが幸せ。ありがたし。にしても朝から午後はただひたすらにのんびり過ごしていて、きっとしすぎたのでしょう、バスの時間ぎりぎりに準備を始めてしまい未だにそわそわしています。ばたばたするのがちょいと不得意です。外に出てみたらひゃーびっくり寒い寒い。今日はお月さんみえないんだろうなぁ。明日も寒いんだろうなぁ。今夜はぽかぽかするごはんにしよ。

あったかいなーって思う日がだんだん増えてきた。とはいえ風は冷たいのだろうし陽がおちたらぐっと冷えるのよね、うんうん。風にとろんと揺れる明るい色のスカートをはきたいなぁ。ついいつも黒色か白色の服ばかり着てしまうから今季こそ新しい色を纏ってみよう。強すぎない、優しくて滋味深い色味さがしてます。

今日もまた夜がやってくる。昨夜うまく眠れなかったおかげで今日はお昼がとっても短かったなぁ。おやつくらいの時間に朝とお昼を兼ねた食事をして、それからメールの返信や今夜のオンライン会議に向けてあれこれ考えを巡らせています。なんだかふわんふわんのそわそわ。ひとまず部屋のお花の水をかえたりして落ち着こうとするも「ぬーん」といった感じ。睡眠大事ね。ひとまず珈琲でも淹れて「ふうー」と呼吸してみましょ。雲の隙間から太陽がもれて美し。

なんなのもう、何かのご褒美なの?ってうるうるしちゃうくらい心地よい午後。昨日とうってかわって太陽さんさん、暖かな日ですね。お昼頃から友人が何やら仕事をしに家へやってきています。ちょうど昨夜の夢に彼女が登場したのでそんな話をしつつ珈琲を淹れる。そして「さて。」とお互いの仕事をする。たまにちょろちょろとおしゃべりをして、またすうとお互いの手元へ戻る。淡々と作業をしてふと顔をあげてみたら部屋中の壁に光がまわって至る所ぽわんと輝いている。

とくにこれといって何かしてるわけじゃないのだけど、こうもあっという間に夜になってしまうんですかという毎日。部屋のチューリップが、よーくみているとほんのちょっとずつ膨らんでほどけていっている気がして嬉しい。水をかえながら「いつもありがとー。」って声をかけてみる。そしたらまずわたし自身がにっこりするし、こころなしか花も喜んでくれている気がする。ありがとうって魔法のことばだなと思う。今日も、ありがと。

昨夜は雨音をききながらしばらくぼんやりしていました。遠くから響いてくるバイクのエンジン音がだんだんカエルの鳴き声のように聞こえてきて、なんだか夏の夜みたいだなと思った。しっかりお布団かぶってたんですけどね。ふふ。街ぜんぶがしっとり濡れてて、静かで、おいしい珈琲をのみながら読書していたい気持ち。そんなちょっと重ためのわたしを連れて、OPUSの新しい本とメンバーと出会ってきます。

今朝からしっとりですね。映画仲間のとある方よりお話いただき、ちょいとお話してきました。後日みなさんにもお届けできる読み物でご紹介しますね。伝えるということ、今考えていることやそのとき感じたことを言葉にしてみること。その時々で選ぶ単語は違っても、こころの真ん中にあるそれはいつもそこにあるんだなと話していて気付く。緊張を解いてふわんふわんして、伝わるものを信頼する。

どうしても今日はしんどいんだなぁっていう日以外は台所をピカピカにして眠るようにしている。そうしたら朝起きて珈琲を淹れ始めるのだってスムーズだし、なんとなくもうご機嫌いいことだらけな一日のはじまりはじまり。もともと洗面台やシンクに水が残ったままにしておくのが好きじゃなかったりっていう性格のおかげなんだろうけど、20代前半にひとりで暮らすようになってからはとくにそういうのを楽しみながら日々暮らしている気がします。「ここにこんな棚があったらいいのにな」って思ったときにトンカントンカンさくっと作れるようになったら、よりご機嫌な暮らしができる気がするから棚作る。おし。

二十四節気、大寒。巡る季節の締めくくりの始まりですね。そんな今日もこの陽気。昨日できなかったメールの返信をせっせとしながら、洗濯物がふわりひらり揺れるのをみて立春もそろそろなのねとむにゃむにゃしちゃう。ただ心地よいからと毎日毎日掃除をしているだけなのだけど、ふと家の中をぐるり見回してみると「あなたちょっとご機嫌そうじゃない(家具に)」とか「ここにこんな光が入ってくるのか、美しいなぁ」とか、今朝もふれたであろうそこの調子が違って見えて嬉しくなる。寝室の窓を大きく開けて空気の入れ換えをする。寒いけど、家の中がどんどん整っていってるような気がして心地よい。もうちょっとしたらお散歩に出かけましょかね。

珈琲をのんでぼんやりしてたらまた今日も夜がやってきた。先日本屋さんで『夜の木』と言う絵本を見つけました。手漉きの紙にシルクスクリーンで刷られていて製本も手作業。頁をめくるその手触りも、いろんな夜の木たちも、力強くて美しい。巡る夜の楽しみに大切に読んでいます。にしても今日の陽も暖かかったなぁ〜。散歩の途中でお花屋さんの前をのぞくとチューリップがちらほら。かぁわいいなぁとにやにや。好きだなぁチューリップ。なんかこう、心がほかぁっとするんですよね。

突然なんですけど、わたし物件を眺めるのが大好きなんです。夜な夜なスマホで物件の写真とか情報を眺めては「あ、ここいいな」と思ってにやにやするっていう。【入居者募集】とかみるとどんなお部屋なんだろって気になって調べたりするし、そんなことしてるものだからお散歩してる途中で「あ、このマンションあの部屋空いてるとこだーここにあったんやー」って思ったりするわけです。いちど友人の不動産屋さんで働かせてもらえないか聞いたこともあるくらい好きなんですね。で、なぜこんな話かというと、好きなものを好きって言うってことを最近は前ほどしてなかったなと思ったのです。好きなものに囲まれていると思ってるしそう言うのですが、じゃそれがどう好きなのかとかあらためて言ってみよっかな、とふと。誰かに伝えたいとかではなく、自分に「そっかそっか、そんな好きなんやね」と寄り添ってあげたいような、そんな気持ちです。

家仕事を終えてほっとひと息。今日はものすごい開運日なんですってね。昨日友人からそんな連絡があり調べてみたらいろいろ重なってるみたい。そんな今日からKBCシネマにて「日韓コラボ映画特集」ですよ。チャン•リュル監督作『福岡』上映初日です。ひゃーぱふぱふ。期間中の上映は今日16日、明日17日、29日です。ぜひKBCシネマHPで上映スケジュールご確認くださいませ。今日は監督が、明日はクォン•へヒョさんがそれぞれオンラインで舞台挨拶を。そして29日は上映後にトークイベントがあり、そちらには私もおじゃまさせていただきます。こんな時期ですのでご無理なさらず、でも、お会いできたらとっても嬉しいです。

おっとっとっと。またまたぎりぎりなすべりこみヒビノ。リアルタイムで更新しようと思うとついつい夕方とか夜になっちゃって、作業に集中してるとあっという間に一日が終わってしまってこんな具合に、、もう暖かなお布団の中にいらっしゃる方も多いのかな。今日はどんな日でしたか?と、ここまで書いて母と電話。日付越えちゃうとこだった。あぶなー。「明日は晴れるけど風は冷たいげなよ」とのこと。あったかくしましょね。

番組ナレーションを終え、ほげほげヒビノです。いつもお世話になっているディレクターさんとスタッフさんと、いやはや大変な時代ですねなんて言葉をぼそりぼそりと交わしてバスに乗る。あたたかな陽ざしと穏やかな空の色。眩しかった陽がだんだん柔らかなオレンジ色になっていく。このまま遠く遠くへわたしを運んでってくれないかなぁ。いま、あの山のすすきは枯れ薄になって揺れているのかしら。あの海は今日も穏やかだったかしら。そうやって思い浮かべる景色が、窓に流れる風景に重なっては消えていく。

前髪が伸びてきてしまってうんうんしています。切るか伸ばすか、、くぅ。迷う。昨夜から今朝でモリエールの『人間ぎらい』を一気読み。滑稽で、それでいて哀しくて、気付けば読み切ってしまっていて大満足でした。本大好き。以前博多座で共演させていただいたコンドルズのスズキ拓朗さんから日本国内•海外のおすすめ戯曲をたくさん教えてもらったのをきっかけに時間はかかっていますがちょっとずつ読みすすめています。一度読み始めると次も次もとなるわたし。このいきおいでいきましょ。

友人から届いていた年賀状に返事を書く。すっかり遅くなってしまったけどそこはご愛嬌ということで。以前から、気に入った絵葉書や便箋をちょこちょこと集めていて、こんなときにそれらが入った箱を眺めてみる。そしたら不思議と「あ、このカードは今あの子に贈りたいな。」っていう絵柄だったりする。そしたらもう万年筆を持ってテーブルへゴーですよ。机の上に置いた空白を眺めては、湧いてくるいろいろのどこから綴ろうかとかそんなことを考える。結局短い近況報告のようなもの、たとえば「変わらずのんびり暮らしています。」とかそんなことを綴っていたら空白が無くなってきて「また今度ね。」とか何とかでとじてしまう。湧いてくるそれをあらわす言葉がつるんと出てきたらいいのになぁ。

ぎりぎりのヒビノです。あれこれしていたらあっという間に一日が過ぎて日付をまたぐ寸前になってしまいました。どひゃどひゃ。新成人のみなさまおめでとうございます。ハタチかー。なんて考えるくらいに日々重ねできていることに感謝です。その時のその日、晴れ着姿で父と一緒に写真を撮らなかったことだけが心残り。母が「お父さんと二人で写真撮る?」って聞いてくれたんですけどね。何だか照れくさくって。家族写真、撮ろうかなぁ。

昨夜はなかなか寝付けず朝になってしまいました。少しずつ明るくなる空の色を寝室の磨りガラス越しに眺めながら、ベッドの上で美しく優しい音楽を聴いてちょこちょことお灸。そうこうしてたらだんだん眠たくなってきて、起きたらお昼もとっくに過ぎていました。豆皿で愛でている野菜の葉っぱたちの水をきれいにして、膨らまないかもしれない蕾をつけた枝を挿している器を別のものに変えてみた。気分転換。掃除をしたりお香を焚いたりしておいしょおいしょと整える。またすぐに夜になってしまうけど、ぼちぼち、ぼちぼち。

日韓コラボ映画特集オンライン交流会『福岡』×『でんげい』ご視聴いただきありがとうございました。画面越しだけど、監督や西谷さんとの再会がとっても嬉しかったなぁ。はじめましてのみなさんと共有できた時間、いただいていたコメント、尊いなぁほんと。こうして活動できて、それを通じてめぐるご縁。『でんげい』のヒャンスリさんもおっしゃってたけど、湧きあがってくる感謝がいっぱいです。オンライン配信を終えてもすこしだけみなさんとお話して「かならず、また会いましょう。」と言い合ってバイバイしました。また、かならず。

うー、まだ起きたくないよう。と思いつつ窓を開けると雪景色。そんなにたくさん積もってはいないけど、だれかの歩いた足跡とか、ところどころ凍りついてそうな気配。すっきりしていい気持ち。なので頑張って起きる。そして体をほぐして今日こそは灯油を買いに行かなきゃ。うぬぬー。午後からはもろもろてんこ盛りなので早め早めの準備が大事でしょう、と自分に言い聞かす。これから外出されるみなさまもどうぞ足元お気をつけくださいね。

明日の朝にはまたしっかり積もっているかなぁ。風で窓がガタガタなく音を聞きながら眠った昨夜。今朝の雪はみれていないのですが、また今も深深と。寒い。寒いけど、こうしっかり冷えた方が寒くなく感じるのは山で過ごしたことがあるからかなぁ。寒いけど、山でのそれよりあたたかいから不思議な感じです。とはいえちょうど灯油切れしちゃったこともあり布にぐるぐる包まって過ごしています。あつめのお湯を湯ぶねにはって、しっかりあたたまってベッドに潜り込んで映画でも観ようかな。明日の朝は雪景色がみれるといいな。これから運転される方や家路の途中の方などどうぞお気をつけくださいね。

たまたま隣の席になった方のお父さんとの思い出を聞いていたら、ふいに涙がこぼれてしまった。彼にとっては、思い出、というのもちょっと違うのかもしれないけど。記憶のカケラのような、ころんとぽろっところがってきたもののような質感に感じて、それがなんだか美しかった。明日からさらに冷えるみたいですね。あったかくしていこ。はあココアが恋し。

二十四節気、小寒。寒い寒いと思ってもまだ寒の入りなんですね。ひえー。あ、冷えー。そうそう、しっかりのんびりさせていただいているので頬がすこしふくふくとしてきたかなと思ったのですが体重はまったく変わっていませんでした。不思議。緊張がゆるんだのかなぁ。なんかあたまも動きもふんわりしています。昨日も掃除中に足元ばかりに気を取られてあたまぶつけちゃったんですよ。そのとき出た「あいてー」って自分の声がほんとまぬけというかなんというか。ゆるゆるしてたら声もそんななっちゃうんですねっていうあらたな気付きでした。さぁて、今日もふわりとまいりましょかね。

ぼんやりと窓から空を眺めていたらあっという間に一日が過ぎてしまった。最高に贅沢な「ぼー。」をしました。朝から雲ひとつない青空で、お昼もとっても気持ちよくって、夕方になってちょっとずつ赤く染まってきて、真っ暗になっちゃった。その間、洗濯をしたり掃除をしたりトーストを焼いたり珈琲を淹れたり。今日からお仕事はじめな方も多かったのではないでしょうか。そもそもお休みしてなかった方もいらっしゃるでしょうが、今年もぼちぼちいきましょね。ただただぼんやりしてしまった分、夜は読み物をしよう。読みたかった戯曲に、昨年末に届いた新しい作品の本。あれもこれも読みたくてちょっとそわそわする。

昨夜は湯ぶねにお湯をはってのんびり本を読みながらあたたまりました。またこの数日冷え込むみたいですね。おばあちゃんちには年末にうっすらと雪が積もったらしいけどまた降るのかな。小さい頃、おばあちゃんちへいく道に雪が積もってて車ではもう登れないねってことで家族みんなで歩いたことがあった。その年は結構積もって20分以上は歩いたんじゃないかなぁ。町で買い物した食材や、父やおじいちゃんがのむためのビールなんかをみんなで手分けして持ってえっさほら。よく歩いてたその道も、そもそも家族と並んで歩くことも、なんてことじゃないのにその時はやたらキラキラ眩しかった。いつからか、景色をみても心が揺れず、言葉もうまく口にできず、いつも何かが手の中からすり抜けていくような感覚が強くなった。これじゃいかんと、数年前からいまへ、日々を生きているつもりです。

昨日は家から一歩も出なかったので夕方の少し前にお散歩をしてきました。空気が明るくて軽くて、なんだかふわんふわんいい気持ちでした。どこからかお雑煮の香りが漂ってきて「わぁ、もしかしていま家族が揃ったのかな」とかそんなことを想像したら嬉しくなりました。あんこもちが食べたいなー。ストーブの上でぷくっとなるまで焼いてね、はふはふして食べるの。とか考えてうふうふしながら今日も今日とて鍋です。年末からほぼ毎日鍋してる気がする。あったかいしね、ささっとできるしね、出汁だしね。

明けましておめでとうございます。どうぞ今年も宜しくお願いいたします。朝から友人たちと挨拶のやりとりをして、ただただごろんごろんして過ごしています。母とも安定の長電話。電話が得意でないわたしにとって、こんなしょっちゅう電話できる母の存在がありがたいです。これといって特別な話はしてないのですけどね。「何しよったと?」くらいの話。このあとも本を読んだりしてごろんごろん過ごそうと思います。みなさんもどうぞゆったりお過ごしくださいな。

綺麗に整頓した机の上にチューリップ。横をみればストーブ。目の前の窓の外はだんだん日が暮れて今はもう真っ暗。大切な絵。買ったばかりの本。愛おしいものだけのこの部屋で2020年最後のヒビノです。いつもだったら家族と一緒に炬燵でみかんしてるところだけど、今年は静かに本でも読んで過ごそうかなと思っています。最近観れてない映画もたくさん観よう。近くのスーパーは休みなしとのことだったので(ありがとうございます…!)お腹が空いたら野菜と果物でも買ってスープにしたり齧ったりしてみよう。すっかり寒いけど朝の散歩もしようかね。今年出会えたみなさま、ありがとうございました。来年からも宜しくお願いします。まだ出会えていないたくさんの方々、そろそろご挨拶に伺います。どうぞそのときは宜しくお願いします。それではまた、あした。

風がビュービュー雪がちらほら。太陽が顔を出してたのであったかいような気がしていたけど、しっかり寒いですね。ぐっすり眠って、起きたら洗濯掃除っといつもの暮らしで年迎え準備です。台所をすこしすっきりさせてみたら、冬の朝の色がとっても似合うようになりました。青っぽくて白い空気。今日も明日もいっこいっこ、いっぽいっぽ。たまにハッピースキップ。

本日2020年仕事納めでした。今年もありがとうございました。ただただ、ありがたいなぁという気持ちでいっぱいになる一年だったなぁ。新たな出会いも、またお会いできて嬉しい気持ちも、会えないけど繋がってるよっていうやりとりも、ぜんぶぜんぶが愛おしいご縁です。

日中は暖かな陽気でしたね。洗濯機に何回も働いてもらって洋服やタオルが太陽浴びてひらひらしていました。なんだかこうふと、目の前がクリアになった気がしているこの数日です。なんだろ。何があったっていうわけでもなく、何かがあったのだろうか。定期的にやってくるこのフレッシュな感覚がとても好きです。呼吸がしやすくなって、もっと自由でいようと思える。先日、かれこれ15年以上のお付き合いになっている方のお宅を訪ねたのですが、そのお方に「ゆきちゃんは、もっと素直に今こんな感じですっていうのを伝えてもいいんだよ」というようなことを言われ、うーんと思ってたのだけどちょっとずつ吸収できてる気がします。うん、素直になってこ。

雨ですねぇ。昨日の夜がくる前に福岡へ帰ってきて、そのまま部屋の掃除やちょっとした模様替えをしました。窓がすっきり大きくみえるようになって満足。ひさしぶりにとある方と連絡を取り合っています。ひとつ節目となるような作品がつくれたら嬉しいなぁ。ほげほげしている間に2020年最終週。あの人この人の顔がうかぶ。

撮影最終日はちょっぴりのんびりなスタート。昨夜はホテル隣のスーパー銭湯へ行って早めの夕食をとって体をじっくりあたためて部屋でゴロンゴロンしていました。へんてこりんな夢もみて今日もすっきり元気です。そういえば今回はホテルでぐっすり眠れてる。移動中の車でも電車でも船でも飛行機でも眠れちゃうのが楽なところなのですが、最近、ホテルがどうも苦手になってしまいまして。アロマとか普段着ているパジャマを持ちこんだり枕の向きを変えてみたり音楽を聴いたりしてリラックスできるよう心がけてはいるのですが、どうしても眠れなかったり眠れてもすぐに汗だくで起きたりが多くて困ってたんです。たりたり。毎日山口の風景を眺めてぼんやりできてるから脳がほっとしてるんかなぁ。音も、ひとの話すスピードも、色も、どこをみても安心するもんな。少しずつでも整えていかなきゃね。ととのった状態でみんなとつながりたいのです。

今朝は明けゆく空とひとつ瞬く星を横目にホテルを出発しました。今日、明日とお世話になります山口・萩。今回の撮影でのオーダーは「自然体で暮らすこと」。わくわく、わくわく。たくさん萩のいいところを探せるといいなぁ。何時間もいっぱい眠ったってわけじゃないけど、なんだかすごく元気な日ってある。今日は思いっきりその日なようで、ホテルから撮影現場までの車窓をずっと眺めては流れる景色からさらに元気もらってます。ヒビノを書いてるいまはまだ薄暗い景色だけど、なんだろ、好きだ。

夜の高速道路を北上中。明日、明後日の撮影に向けて今夜から山口県にはいります。4時間くらいかかるんかなぁと思っていたのですが高速を使えば2時間ちょっとなんですね。意外と近いんだなぁ。たまにぱらぱらと雨が降っていて、車のライトがキラキラしてて、とっても綺麗です。最近はそうでもないけど、前はよく自分で運転してあちらこちら行ったものです。山口にも何度か来たなぁ。夜通し好きな音楽を聞いて朝お風呂につかって帰ったのも、早朝に行くあてがなくて友達とファミレスでモーニングセットを食べたのも山口。とってもおいしいカレー屋さんにも、ドーナツ屋さんにも来たな。好きなんですよね、運転するの。霧のなかにトラックのテールライト。距離は変わらないまま、ぼんやり浮かぶ白線やガードレールが、ぐんぐん、ぐんぐん、流れていく。メリークリスマス。

南下したその町が寝静まった夜に散歩をした。風がはこぶあのなんとも言えない懐かしい匂い、コンビニの灯りの眩しさ、半分になった月の輝き星の瞬き、ビニールハウス、フェンス越しの空き地のたくさんの草花、遠くに見えるまた別の町。地元ではないこの町に感じるいろいろを知ってる気がした。暮らしているだけでいつもどんどん忘れていく。自分の中から無くなっていく。それは新しい何かをつくったり、別のものが入ってきているってことなのかもしれないけど、ふと、自分をぽーんとそういう町に置いてみると、大きな声で泣いてしまいたいような気持ちになる。最近たりてなかったのはこういう作業だったのかもと思った。

電車に揺られて南下中。あれっもう新年?て感じの清々しい風景。雲の隙間からもれるオレンジ色の西陽を浴びてると、葉っぱが落ちきった木々の影や揺れるすすきが流れていく。それをただただ眺めながら、耳を澄ましていろんな音をひろうことなく聞いている。あたまがじわぁとゆるんでいくのがわかる。そしたらなんか、ありがとーって気持ちが湧いてくる。何に対してともなく、言うならぜんぶに、ありがとーって気持ち。いまここを感じつつ、ふわりふわりと気持ちいい風の吹くところへいきましょう。

冬至。昨日今日と、いつも以上にのんびり話すことを心がけてみています。とろいなーってヤキモキさせていたらあれだけど、個人的には端折ることなく気持ちを言葉にできる気がして良いです。自分のあたまの中で考えてることを相手に伝えずに話をすすめちゃうときがあって、そういうときにその相手を混乱させてしまうんだろうなぁというのが今年きちんと気付いたことのひとつです。これまでも分かってはいたんだけど、まわりの優しさに甘えていたんだなって。ちゃんとひとつずつ伝えていこうと思います。自分の心と向き合う時間はたっぷりとれるし、あの顔この顔が浮かんで思い馳せては消えてゆく、夜ってのはいいものだなぁ。ただし鬱々としそうな時は郷土玩具のお猿を撫でるなどすると心穏やかになるのでどこかで見かけた際はぜひ。いひ。

夜になるまえの、空が真っ暗になる前の、ちょっと青いようなきいろいような、そんな色が好き。月がぽーんと浮かんでいるのを立ち止まって眺めてみる。わたしはかるい乱視なので、星をみるとひとつがふたつに重なってみえる。遠くのイルミネーションもそんな感じで、輪郭がぼやぼやしてよりきらきらしてみえる。この時期は街がピカピカしてて綺麗だなぁと思う。数年間、ずっと気にかけてくれる方がいる。その人の楽しんでいる姿をみて、心が明るくなった。わたしもそんな風にかっこよくなりたいな。

ぎりぎりで今夜中の更新になっちゃいました。これまで、クリスマスだからこう、ということをしてこなかったのですが、気のおける仲間といっしょにおうちでご飯をしていました。あの人この人を思い浮かべながら、顔のみえる仲間と会う時間の愛おしさたるや。クリスマスだから、ってことではなく、いま誰かと時間を共有することがとても貴いと感じる。共有しようよ、ってことではなく、そういう個々の感覚を思い出そうよ、っていうことなのかもしれない。

夢の中でも花の水切りをしていました。先日久しぶりにお花にふれたからかなぁ。冬になって家の中にお花を置くことがめっきり減ってしまいました。いま愛でているのは、にんじんの葉っぱといただいた枝。夏の終わりころにいただいたこの枝には蕾がたくさんついていて、「お花屋さんが『葉っぱの紅葉を楽しんだあとも水につけたままにしておいたら蕾がひらくかもしれません』と言ってたよ。」と聞いて、まさかこの季節にひらく蕾が…?と思いつつ、秋になり葉っぱが落ちた後も水を替えているのだけどこれってもしかして、春に、ということなのかなって思ったのが冬の始まり。たまに枝全体に霧吹きをしてみたりして家の中でも枝が季節を忘れちゃわないよう育てています。春に咲いたら特別ハッピー。いまこうして考えてる時間もハッピー。

今日も夜更新のヒビノです、こんばんは。こんなんじゃいかんな。更新リズムがたがたですごめんなさい。毎日の時間が過ぎるのが早すぎて参ってしまう。今日なんて体感的にはまだ数時間のような感じがしているのに気付けばもうこんな時間。ひえーどうなっとるんだいこれは。知らないうちに不思議な時間軸の中に飛び込んでしまったのかしら。家にあった食材で食事ができそうだったので今日は家から出ていません。暖かいニットのカーディガンを羽織って、ストーブには加湿器代わりに水を張った鍋をかけている。あたまに浮かんでくるものや見えているものを言葉にしようと指を動かす。指の隙間からするすると言葉が溢れていくような気持ちになって両手で顔を包み込んでみると今日はやたら頬がやわらかい。ふにゃふにゃ。そんな夜です。

今日も雪はみれず。くう。大好きなのにみれない切ない。友人たちと連絡を取り合いながら「今年ももう終わっちゃうねー」なんて会話が増えてきた。終わっちゃうなー。あっという間に。忙しく行き交う街に、なんとなくあわててしまう。ざわざわするときこそ地に足つけて浮き立ってしまわないようしなきゃね。今夜もとびっきりあったかくしてお過ごしくださいね。

今日は雪が降ったんですね。みなさんのところはどうだったかな。わたしは見ることができなかったけど、いまもぴりっと寒い。今夜このあとも降ったりするのかな。すっかりタートル以外の服でお出かけできなくなってしまいました。同じ色で同じデザインのタートルばかり着ているので、いつも同じ服の人になりそうです。ま、いいのか。今年こそ腹巻きを手に入れようと思いつつ、地球にも人にも優しい素材で探しているのですがまだお気に入りのものには出会えていません。今夜はあったかお出汁のごはんが食べたいな。

おやつどきのヒビノです。昨日は日付をまたぐ前に帰宅して、それから湯ぶねにお湯をはってゆっくり温まりました。やっぱり大事ですね、お湯につかること。そしたらなんだか元気になっちゃって静かに模様替えしたりお掃除したりを始めてしまい、気付けばその日起きた時間に近付いていました。こんなんじゃいかんとすぐに眠って、起きたらお昼。掃除の続きにお洗濯など家仕事をしてこれからちょいとお出かけです。昨日撮影した作品のお知らせは、早ければ年内、それか年明けにはできそうです。喜んでいただけると嬉しいなぁ。お久しぶりの大好きな方と共演できてほくほくでした。詳しくはまたそのお知らせのときに。なんだかぐぐぐーんと寒くなりましたね。今週はしばらく寒いのかな。きゅっと体がかたくなるからゆっくりひとりの時間をつくって心をゆるめることも意識したいです。寒いけど、冬はいいね。あったかさにたくさん気付く。

まだ夜のうちの暗いなか家を出た。街にはだぁれもいなくてしんとして空気が冷たくて、一瞬、星野の山の景色が浮かんだ。車に乗っけてもらって北へすすむ。日曜日の街はなかなか起きてこないんだなぁ。いつもだったらわたしもすやすや夢の中だもんな。太陽が昇ったら撮影スタートです。今日も一日はりきってまいりましょ。

お風呂あがりのヒビノです、こんばんは。湯ぶねにお湯をはってじっくりあたたまったのでぽっかぽかでお布団のなか。もうまぶたがとじそ。明日は早起きも早起きです。夜中起き。ぐっすり眠って備えたいと思います。すきなかおりに包まれて、おやすみなさい。みなさまも暖かくしてぐっすり眠っていい夢をみてくださいね。

楽しそうな撮影のお話をいただいて、あれこれ考えを巡らせています。この時間がとっても楽しい。いつもとおなじおうち時間でも気持ちひとつで生活の要素がふえて豊かに感じる。こうして幅を丁寧に感じとりながら暮らしてゆきたいものでする。街の植物たちがさみしくなる季節、お気に入りのお花屋さんをのぞくと小さくて儚いお花たちが並んでて、心のすみの方の部屋がほかぁとあたたかくなった。優しくいよう。

クリスマスツリーの前で白いもふもふの犬さんがおすまし顔で写真を撮られています。かぁわいいなぁ。でれでれしちゃうじゃないの。久しぶりに来たこのカフェの好きなところは、大きなガラス戸があるところ。ぼんやりと座っているだけでこころ動く色々が通り過ぎてゆく。ホットサンドもあるしケーキもあるし一度落ち着くとコーヒーをおかわりしつつしばらく過ごしてしまう。こうして街に出て何をするわけでもなく過ごす時間が大好きだったなぁ。それがなんだかとっても久しぶりな気がして、特別なことをしているような気持ち。街がキラキラしてるってことも大きいのだろうけど。いいないいな、なんだ?ドキドキしてきたぞ。

日中はあたたかな陽気でしたね。りんごをむいて食べたり葡萄を食べたり。はじめましての方と電話でお話をして打ち合わせする日を決めたり。昨夜観劇した作品をふわりと思い出しては考え馳せたり。もうひとふんばりお掃除を気合い入れたら東京帰りの生活が整うかなぁというところ。日々過ぎゆくいろいろの中でふと思い出すこと。覚えてなくてもいいのに覚えていて「そういえばこんなことあったんだっけか」と感覚がぶわぁと押し寄せてきたりする。記憶はおもしろい。人はおもしろい。夜は寒い。

飛行機が離陸する前にこてっと眠ることがある。あるというか、5回のうち3回はそんなかもしれない。機内の安全のしおりのアナウンスのあと、こてん。陸から離れるときのあの感じにも目を覚まさず、空の上で目が覚める。高校生のころにも東京での撮影を終えてそうなったことがあった。あの頃はまだ数回しか飛行機に乗ったことがなくて、夜の機内は暗くて隣の席にはだれもおらず、顎を上げると前の席の向こうに頭が見えたけど眠っているのかなんとなく気配がうすくて、窓の外にはなんにも見えなくて、いま陸にいて動いてないのかそれとも静かに空をとんでいるのか分からなくて、結構真剣に「もしかして飛行機ごと宇宙人的なそういうのに乗っ取られて、いまとんでもないところにいるんじゃないか」ってすごく怖くなったのを覚えている。たはは。昨夜も離陸前にこてん。何度か目を覚ましては眠るを繰り返して、元気に福岡へ帰ってきましたとさ。今日はお芝居を観に行くぞい。

撮影を終え今夜には福岡に戻ります。今回のとある作品の話もまたそのうち。ひとまずいま思うのは、ただただ、ありがたいなぁということです。これにつきる。お話をいただいたときから撮影中までたくさん心をとばしていただいて、時間もしっかりととっていただいて、優しい現場でした。早くお話したいです。撮影中お昼ごはん休憩してるときに「ぶっちゃけ、ゆきさんファンの方っていますか?」という質問をいただきまして。「ぶっちゃけ、応援いただいてますね。」って答えたのですけど、びっくりなんですけど、自分の返答を自分の耳で聞いて嬉しくなってしまいまして。なんかこう、応援いただいていることをしっかりと受けとめたいというか、わたしもわたしのしていることでみなさんを応援したいというか。何言ってるのか全然まとまってないのですけど、んだけど、なんかそう思いました。ということをここに残しておきたい空港より。

撮影最終日。今朝からすっきりとよく晴れています。きもちいいなぁ。ここ数日あっという間に過ぎていてなんだかふわんふわんしているところがある。そんなときこそ家仕事でしょうということで、自分の家のように過ごさせてもらっている滞在先で掃除洗濯をして地続きな日々を感じる。できていなかったところへお返事のメールをかく。落ち着いてよし。今日もいってきます。おす。

今朝からしっとりと雨です。やわらかい雨は気持ちがいい。んでもやっぱりちょっと冷えますな。いよいよ今日、明日で撮影です。がんばるぞい。リラックスしてその場の気のようなものを感じつつのぞみたいと思います。広ーくしっかりと見て、焦らずいっこいっこキャッチ。うん。あ、ぜんぜん関係ないけど、昨日打ち合わせのあとに寄った喫茶店で食べたホットサンドがとてもおいしかったです。土曜日はホットサンドの日と決めてたころがあったなぁとふと思う車窓。ほんで今日は1番上の姉の誕生日。祝。

無事に昨夜から東京。今回は友人宅にお世話になっています(滞在中家主は不在)。ホテル暮らしもよいですが、生活を近くに感じるとほっとする。暮らしの道具があって、窓からの太陽を鉢植えが浴びている。花がいけてある。あと、びっくりするくらいわたしの部屋より暖かい。あはは。とはいえ移動疲れがちょっぴりのこっている気がするのでまずは部屋と体をチューニング。そのあと午前中しっかり身の回りを整えて、午後からは今回のチームとご挨拶をしに行く予定です。体温は安定の平熱です。

滑走路へ雲の隙間からオレンジ色の光が差し込んでいるのを眺めています。美しいな。今夜から数日間、撮影のため東京滞在です。大きな黒色のリュックにいくつかの服を詰め込んでせっせと歩く。どんな時間が待っているのか、緊張感も手に握ったまま行ってきます。ひとまず、無事に滞在先へたどり着けますように。12月3日。いち、にいのさんでゴー!

おでこのたんこぶはすっかりつるりと何にもなくなりました。内心ひやひやしていたので安心です。気をつけます。なんだか日々慌ただしくて、思うペースで動けていない気がします。力をいれたい時に力が出ないような感じ。どことなく緊張し続けていて抜きどころをつくれていないのかもしれない。なので今夜はいつもよりちょっぴりゆるゆるでいこうと思います。耳を澄ましていろんな音を聞いてみる。昨日や一昨日のこの時間はどんな音がしてたかな。明日はどんな音がするところにいるのかな。そんなことを考えて楽しみつつ、骨盤だけはしっかり立てる。ほい、ゆるゆる。

どっひゃーって言ってる間に12月。お誕生月のみなさまおめでとうございます。ぐぐぐっと冷える季節です。暖かく、よい日々重ねをお過ごしくださいね。今月がお誕生日だとざざっと過ぎゆくことが多いですよね、きっと。今年はいろんなお楽しみにブレーキかけつつだと思うので日々の小さな喜びをより大切にしたいです。散歩に出たら落ち葉の絨毯が美しくて嬉しい。

遠くにどんよりした暗い雲。晴れたさわやかな日が恋しいなぁ。ひなたぼっこして温かい珈琲淹れてごろごろするの。秋のはじめごろに公園でお昼寝してたの気持ちよかったな。そんな今は、夜に向かう部屋の中、ストーブで焼き芋をして楽しんでいます。ぬくぬくでほくほく。小さい子どもが家へ向かう声。カラス。心の中にある気持ちいい日と、心地よい今を行ったり来たり。11月も最終日。ここのとこと連絡が途切れ途切れになってしまってて反省。丁寧にいっこいっこだぞ、わたしよ。

足もとの物をひろおうとかがんだら、ドアノブでおでこをぶつけてしまいました。すこしぷっくりたんこぶです。いてて。体の読み間違えですね。たまに「こんなに間違うかい?」というくらい間違ってこんなふうにおでこをぶつけたり、思ってもないとこで体ごとぶつかったりするからびっくりしちゃう。気をつけよっと。暗くなるのがすっかり早くなって夜が長いですね。朝はただただ眠たい。冬だなー。冬の山でみる星空がいちばん好き。すごく寒いけど空気が澄んでてとてもきらきらしてるんですよね。あたたかい飲み物を持ってドライブにでも出かけたい気持ち。

昨夜は風が強かったのかな。窓がガタガタとなく音を聞いていたらなんだか眠れなくなってしまってしばらく暗闇のなかぼーっとしていました。そしたらチーズケーキを2種焼く夢と、バスケットボールと卓球をする夢をみました。たはは。わたしは三姉妹なのですが、子どもの頃に母と真ん中の姉といっしょにお菓子を焼くのが好きだったのを思い出しました。そのころ姉は、スーパーで売ってる簡単にチーズケーキがつくれるセットみたいなのにはまっていてたまに焼いてくれてた気がします。気がします、というのも、小学校とか中学校のころのことってどれくらい覚えてますか?ちなみにわたしは覚えているものがとても少ないです。平日家に帰ってからだったり週末星野へ帰ってのことだったりはたくさん覚えてるのですが。なんでだろ。

夜更新のヒビノです、こんばんは。昨日WSを終えて今日は思いっきりくてーんと寝ておりました。とても豊かな数日間で、思い返すと美しい瞬間ばかり。はじめましてだった方々と最終日にはたくさん話せて、こう書くとちょっぴり照れますが「ようやく出会えた」という感じです。歳も感覚も近い人たち。この数日間のようには会えなくなっても、みんながどこかにいると思うだけで随分と心強く感じる。存在していることの美しさ。また会いたい。いつだって、ひととひと。つながってる。

ご心配をおかけしました。ふくらはぎ、動いてます。いつも通りとはいきませんが、だんだんと人らしい動きを取り戻してきました。体メンテナンス上手マンのおかげです。ほんともう、トレーナーになって欲し(以下省略)。これをきっかけにまたちょっと体づくりをしてみようかしらと思い始めました。いつでも準備していたいですものね。いよいよWS最終日です。その前に今日はナレーション収録も。あちらこちら移動しつつ、気持ちはいつも『いま、ここ。』に。しっかりとよくみる、あじわう。認識する。わたしはどこにいるんだろう。どこにいたいんだろう。さ、まずは日常。家仕事からぼちぼちいきましょ。

これまでほとんど運動をしてこなかったので、今回の筋肉痛にはちょっとばかり手こずっています。こんなにも張るんですね、筋肉って。ひい。筋肉痛好きっぽいこと言っちゃってごめんなさい。や、大丈夫か。きらいじゃないですってことだったもの。うんうん。てことで、どこをどうしたらいいのやら全く分からないので、お灸を教えてくれた体メンテナンス上手マン(もう、私のトレーナーになって欲しいくらい。)にお願いして、サプリメントやらぶるぶるマシンやらお世話になってみています。どうなる、ふくらはぎ。

今日はバスに揺られてWS会場へ。気持ちよい空だなー。暖かいブランケットを持って珈琲片手に公園でぼんやりしたい気持ち。『わたしがここにいる』ということについて感覚を研ぎ澄ました昨日。湿度やにおい、呼吸に意識が向く。わたしみたいな暮らしでも、日常にはすごくたくさんの雑音がある。その雑音の中から美しいものを選んでいるのだなぁと思ったし、だったら雑音としているところをどうしたら美しいと感じられるのか考えたり。ふと、2018年の海へ飛んで行ったりもした。今日も向き合ってきます。

ぐぬー、見事に筋肉痛です。ありがとうございます。筋肉痛、きらいじゃないです。WS初日はすごく豊かな美しい時間でした。ひと晩経っても感覚が研ぎ澄まされています。役者として、というだけよりも、暮らしの中からそうしていこうと思う。さて、家仕事を片付けて今日も今日とて会場へ向かいましょ。

ぱたぱたと移動をして、いよいよこれからWS会場へ。普段あまり乗らない方向へはしる電車にわくわくしています。こんな駅もあるんだなーなんてきょろきょろして「ここはあの子がパンを焼いてるお店があるとこだ!」と、こっそりはしゃいでいます。こんど行きたいなー。おうちでお灸をして体ぽかぽか、体の中をなにか巡っている感じがします。ご機嫌によく動けるといいな。いってきます。がんばるぞ。おー!

昨日のうちに届いた新たな台本。「朝開きたいな」と、ひと晩寝かせて開封。お手紙付きのしっかり製本されてあるそれに監督の人柄がにじみ出てて、頁をめくるたび指先に触れる紙が白く美しくてなんだか胸がきゅうといっぱいになった。うー早くお話したい。もう少しお待ちくださいね。窓の外を見れば今日も気持ち良い空ですなぁ。清々しい。会いたい人や行きたい場所に馳せるにぴったりの明るい空。

2020.11.20。20で11をサンド。いいサンドの日にしましょかね。夕方おかしな時間にたっぷりめに眠ったからか、昨夜はなかなか眠たくならず。それならずっと気になってたあそこを片付けちゃおうとちょこっと掃除を始めたつもりだったのだけど、気付けばふたつの部屋の押し入れをおいしょおいしょと入れ替えるところまでやっちゃいました。つい、ね。つい。小さい頃から思いついたらその時にしないと気が済まず、母から「いま何時と思っとるとね!」なんて大きな声で怒られてたっけ。それでも気になることは気になってしまうから、音を立てないよう静かにこっそり掃除を続けてました。そのおかげか生活の音はわりと静かめだと思います。ふふふ。整って気持ちがいいので今朝はおいしい珈琲をのみたいです。

今日も夜更新のヒビノです。最近は時間がばらばらになってしまって反省。しっかりしなきゃ。お白湯を飲みつつ、新しく手元に届いた台本を読んでいます。このあとまた別の作品の台本も届く予定。ありがたいことです、本当に。こんなふうに作品へ声をかけてくださる方がいて、応援してくださっている方がいる。好きなことを続けてこれてよかったなぁ。雨音をききつつ静かに過ごす。アイス食べよっ。

細い月を見上げながら夜更新のヒビノです。しっかり暖かい一日だったからか、夜になってもぬるいまま。街路樹のイチョウもすっかり黄色くなっちゃって、いたるところで銀杏の匂い。小さい頃は苦手だったなー、この匂い。いよいよ課題に向き合い始めた昨日。というのも、お芝居の、とあるWS(ワークショップ)を受け始めたのです。こちら修行の日々が始まりそうです。がんばるぞ。ほんで、楽しんでこ。

なんとなく、って好きだなぁと思うんです。「なんとなく、こう感じる。」とか、「なんとなく、こう見える。」とか。そりゃはっきり伝えなきゃいけない時(「ちゃんと言ってくれなきゃわからないよー」と言われるとき)もあるのは分かってるし、考えなきゃいけない時(「もっとしっかり考えてみたら?」と言われるとき)もあるけれど、基本的にはこの『なんとなく』でいきたいし、やっぱりただ好きなんですよね、なんとなく。自分にも誰かにも、なぜ?を問いかけるのを大事に思う時期もあるのですが、いまはこの曖昧ななんとなくに耳を澄ましていたいのかなぁ。それは自分の感覚だけで人と話したいとかではなく、むしろゆだねるような感覚に近いです。なんとなく、思い浮かぶ人とか、なんとなく、想い馳せる風景とか。なんとなくっていうととっても自由に軽くなれる気もする。会えるし、行けるような気持ちになる。なんとなく。

新しい課題に取り組もうとしている。課題というか、挑みたい作品なのだけど、わたしにとってその作品はいま『課題』に近い印象で手元にあるのです。自分の言葉にしておしゃべりするのは難しい。普段から注意してはいるものの、楽しくなっちゃってついついペラッと深いところに落せていない声が出たりする。そういうとき、顔は笑っていても心はすごく悲しくなっていたりする。…と、べつにね、そんな作品ではないのだけど、読み進めていくうちにそんな自分を眺めているような気持ちになってくる。すごい課題です。うん。

快晴。きもっちいーです。ぶら下がる洗濯物も楽しそう。昨日は新幹線の中でもほとんど眠っていたのに、帰宅してからも眠たくてずっと眠ってました。ものすごい睡眠をとった気がします。おかげですっきりしゃっきり睡眠大事。さー、今日は新月で一粒万倍日だそうですよ。きらきらしたよい日にしましょ。わたしはひたすら頭の中でビリーエリオットを思い浮かべては栄養にしています。Always be yourself.

早起きをして、新幹線からヒビノです。4時間超えかぁーなんて思ってたけどぐっすり眠っていたらもう間も無く到着しそうです。目的地は大阪。友人が出演中のビリーエリオットを観に向かっています。そして日帰りで福岡へぴゅーんです。久しぶりの大きな劇場にわくわく。大阪自体も数年前のオーディションぶり。あっちこっち歩き回って疲れすぎないよう慎重に行ってきます。

ぶら下げた干し柿を、数日前からもみはじめました。朝起きて家中の窓を開けて、そのまま干し柿をもむ。いっこいっこ、甘くなぁれ甘くなぁれと思いを込めて朝陽を浴びつつもむ。太陽はあったかいな。空気は冷たくて、空は晴れてキラキラしていて、なんだかとてもおめでたい気持ちになります。お祝いごとの朝みたいな。いまは干し柿の影をながめつつ日向ぼっこしています。ゆるゆる。のびのび。

ナレーションを終えて帰宅。ゆらりゆらりバスに揺られながらしっかり眠ってしまいました。寝起きで元気だけど外は暗いしどんどん寒くなるしでなんだか変な感じ。今日はこのあと久しぶりのオンライン観劇です。開演時間を30分前倒しで思ってたからここでもまた変な感じのするスコンとした空き時間。ひとまず卵でも茹でてぬか床に漬けようかなと思っています。最近、大手門にある『HAKKO食堂』でぬか漬けをいただいているのですがそれがすんごく美味しいんです。りんごのぬか漬けも美味しい。そちらに茹で卵のそれもあって、その真似っこしてわたしも漬けてみる。こないだは卵を固茹でにしちゃってたから今日は茹で加減こだわってみようと思います。おす。

今シーズン初、ダウンを出しました。あったかいー。ぬくぬく。年々自分のお洋服が少なくなり、大切にしたいお洋服を長く着れるようしているのですが、こうしてまた今年もよろしくねの気持ちで袖を通す季節がくるととっても嬉しくなる。タートルニットも好きで秋以降はもうほぼ毎日タートルです。これは好きな色で2着ずつくらい揃えています。いっそ毎日同じ服でいたい気持ちなので好きな服をつくってみようかと思ったりもする。できるかなー。難しいかなぁ。今年の冬籠もりはそこに挑戦してみよう。

今朝はまるでもうお正月が来たのかと思うような空気感で、街を歩きながら「なんだかこれから親戚の家に遊びに行くみたいだなぁ。」なんて慌てん坊に思ってしまった。まだまだ11月も始まってちょっとなのにね。いまは南に向かう電車に揺られています。ガタンゴトン、よりちょっと早い。ガタタゴトガタンといった具合かなぁ。普段は車で通ることの多い道を電車の車窓から眺めるとのんびり見られていいですねぇ。久留米の少し手前あたりの風景がとても好き。一時期はこのあたりで部屋や家を探していたほどに。なんだかほぅっとするんですよね。台湾もそんな感じがして好きなのかもなぁ。あー、今日もいい気持ち。

朝方あまり眠れなくてベッドから空を見ていた。夜がだんだん朝になっていくときのそれがとても美しくて遠くにいるいろんな人を思い出した。「そうして誰かを想ったとき、相手はとくにこちらを想っていなかったとしても、それはもう会ったのと同じようなものなのよ。」そう教えてくれたのはミャンマーの寺院にいるアナリア。アナリアはこうも言った。「それはもう会ったのと同じようなものよ。だけどわたしたちがするべきことは、恋しがることではない。お互いが元気でそれぞれの日々を純粋に生きていればそれでいいと思うよ。」と。いろんなことを忘れていく中で、何度も出会うさまざまがある。純粋に、元気に。ひゃー、外はびっくり寒い。みなさまどうぞ暖かくお過ごしくださいね。

今朝は早起きをして星野へ帰る予定だったのですが、もろもろの仕事を考えていったん見送り。空が快晴で運転するの気持ちよかっただろうなぁ。今年も新米が楽しみです。わたしは部屋の掃除とか模様替えが大好きでちょくちょくあっちにあったものがこっちにいったり、こっちにあったものがあっちにいったりするのですが、今回は小さな木の椅子を台所に置いてみました。ちょっとしたものを置くのも便利。その椅子をちらり見てみると太陽燦々ピッカピカに光っていて、飲もうと思って出していた水がひなたぼっこしている。太陽の栄養がぎゅっと詰まった水になるのかな。さてこれからまたひと仕事。終えたら明るくて暖かいうちにお散歩したいな。

立冬。寒い寒いと思っていても、これからまだまだどんどん寒くなるのですね。調べてみると立冬はココアの日でもあるそうな。この日くらいから食卓でココアが出される日が増えるからですって。なんだかゆるくてココアっぽい。ふふふ。シーツを洗濯して、土鍋で仕込んでいたおでんを食べて、干し柿をつくる。昨日のことだけれど今日もまたしたいくらいにすごくわたしらしいというか何というかな一日だったなぁ。11月はじめの土曜日。休日のみなさまゆっくりお過ごしくださいな。ぼちぼち、いきましょ。

昨日は友人といっしょに午後からすこしおさんぽしました。ちょうどひとまわり歳の離れた彼女は最近とっても綺麗になって(もともと美人なのですけども)、話を聞いてもらって、話を聞いて、早い時間に「ありがとー。」と言って別れて、帰宅しても「今日ありがとー。」とか「頑張る。」とかを伝え合う仲です。彼女がいま気になってるモノの話を聞くと楽しいし、なにより楽しそうにしてるのをみるとわたしまで嬉しくなります。今日はたっくさん夢をみて目覚めました。過去や未来に行ったり来たりの2本立てに、友人へ宛てた手紙をどっさり見つけてみたり。それでぐっすり眠ったような気持ちなのでよしとしましょう。さ、今日も今日とてぼちぼちいくぞ。いつもよりちょっぴりご機嫌なのは、特に何かあるわけじゃないけどご褒美的な『マンハッタン』を家に置いているから。おやつにたべよ。るん。

今日もすーんと気持ちがいい空ですね。陽射しもあたたかいから窓を開け放って家仕事をしています。部屋の奥の方にいると少しだけ寒い。昨日「ゆきさんは箒とか縁側とかが似合うね。」って言われてとても嬉しくなった。わたしは生活することが大好きなのでそういう道具も大好きだし、そのモノたちと自分の手がだんだん馴染んでいくのを感じることが好き。だけどいったん仕事の人になると長いホテル暮らしも全く苦にならないし、むしろ目の前の撮影やお芝居に集中できて良かったりもする。そのどちらもちょうどいいっていうバランスにはまだ出会っていない。たぶん。仕事が続くと家仕事がとてもほっとするし、生活している基盤があるからどこへでも行けたりもする。ずっとそれを繰り返していくのかも知れないし、どこかでいいバランスを見つけるのかも知れないとも思う。そんなことを考えるひだまり。洗濯機がはたらく音。

夜のヒビノです。こんばんは。昨日は結局すこしだけお散歩をして、ずっと行けてなかったお店のお祝いへ顔を出してみました。お引越し祝いで顔を見に行ったのだけど、お客さんもたくさんいらして明るくて元気がぎゅっと詰まってた。なんでもない話をして笑って過ごすことがこうもリラックスできるのかと嬉しくなっちゃいました。そこで働く友人とはかれこれ数年の付き合いで、もともとの出会いはコーヒー屋さんだったんだなぁと思うとそれぞれいろいろ歩んできたわよねっと感慨深くなる。わたしの歩みはわたししか知らない。いま出会っているあの人この人はどう歩んできたんだろう。そんなことを晴れた空のした公園で話したいな。

文化の日。いつもと変わらず家仕事をしてお茶を飲んでいます。ここ数日はぐっと冷え込んだように感じてコーン茶をよく淹れています。あったかくていい香りでほっとする。あれこれ考えなきゃいけないことはあるのだけど、いまほんのちょっぴりなんにもしたくないような気持ちです。ひとつのことを終えたときのそれなのだろうけど、それにしても体力が落ちているのかなといったところ。栄養をもとめています。心の。もう少しだけほっとしたら、久しぶりにフィルムカメラでも持って散歩に行こうかな。日が暮れて寒くなる前に公園でぼーとしたりしてみようかな。映画もいいな。なんてことを考えているとちょっとずつ心の奥の方がほわっとぽかぽかしてくるのを感じる。なんでもできる、どこへでもいける。そんなワクワクする気持ちを「だいじだいじ」と撫でてあげよう。

1日をのがしてしまいましたが、11月お誕生月のみなさまおめでとうございます。どうぞよい日々重ねをお過ごしくださいね。今日みた夢の中で「そのスケジュールだとさすがに眠たいんじゃないですかね。」って誰かに言った。眠ってるんですけどね。そんな眠たかったのでしょうかね。おはようございます。昨日をもってOPUS「Wonderful Wonder Snatch(W.W.S.)」終演いたしました。大名のkonya galleryから始まり、薬院のAntiques & Repair eelで終わる。ご来場くださったたくさんのみなさま、ご観劇いただきありがとうございました。OPUSとしてみなさまに会えることがとっても嬉しかったです。また、かならず、いつか。

満月でハッピーハロウィン。ハロウィン、わたしはとくに何かしたことはなく、いつも友人の写真などをみて楽しんでいます。いひひ。昨日はeelへの会場入りの前に星野へお米ごとをしに帰ってきました。今年は祖母や母に任せっきりになってしまったので申し訳なさでいっぱいです。が、今年もたくさん収穫できましたぞ。来週には新米が食べられるかなぁ。むふ。うれしいな。この季節の山は特別に好き。母と「この木がいつもいちばんに紅葉するとよ。」「この実は、ゆう(わたしのこと)が小さい頃にお父さんが触らせてから手を真っ赤にかぶれさしたとよ。」など毎年聞いてるようなそうでもないようなな話をしつつ歩くのが好き。とても気持ちよく街へ帰ってきました。今日から2日間はまた「W.W.S.」に生きる。

ベッドから出たくないよーな金曜日朝。おはようございます。今日も晴れてますなぁ。冷えてもいますなぁ。お昼には暖かくなるのかな。春先に始めていた水筒生活が復活しつつあります。温かいのがすぐに飲める幸せ。最近はまっていたのが、スパイスがたくさん入った紅茶です。シナモンかなぁ、ちょっぴり甘くてすんごくいい香りなの。いただき物だったのですが飲み切ってしまったのでどこかで購入できないか調べております。さて今日はOPUS「W.W.S.」@Antiques & Repair eel会場入り。いよいよあと2回なんだなぁ。始まれば終わる。始めることができたら、終えることもできる。そうしていつもひと巡り。

ナレーション終わりのバス車内からヒビノです。ここ最近とくに、外を眺めてぼーとする時間が増えました。どこをみても美しくて、先日の稽古終わりには自転車を押しつつ散歩して胸がいっぱいになってしまいました。きゅうと苦しくなって、ゆっくりいちど呼吸をしたらちょっとほっとした。昨日、7,8年ぶりに偶然お会いした方から「由貴はハタチとかそのくらいのころから周りをみて楽しんでた。何も言わんけど楽しんどったよな。」というようなことを言われ、その方はちょっといじわるっぽい笑みでそう言ってくださったのだけど、素直に「あ、そうそう。」と納得してしまった。『楽しんでる』っていうのを同じ意味で使えてるかは分からないけど、あ、前からそうだったのかと妙に安心したというかなんというか。夕陽が美しいなぁ。窓ガラスに反射する街も、建物の壁にできた影も、揺れる葉っぱも、色もにおいも全部美しい。いい日だなー。

ぐっすり眠っておはようございます。Antiques & Repair eelでの「W.W.S.」随分と見え方が変わりそうですぞ。嬉しいことにkonya galleryにいらした方でおかわり観劇いただく方もいらっしゃるようなので(ありがとうございます…!)、ぜひそのあたりもお楽しみいただけたらなぁと思います。eelは普段からお買い物でおじゃましているお店でして。うちにある椅子とか照明もそうだったりします。照明はつるすタイプを使ってるのだけど、コードの長さとか色とか電球をつなぐパーツとかを選んだら作ってもらえるの。これがまたお気に入りなんだな。さー、今日は月末作業しましょ。の前に、珈琲も淹れましょね。ほわぁとゆるむおいしい珈琲。

寒いなぁ寒いなぁと思いつつ、ついついあとまわしになっていた冬支度。部屋中の埃をいつも以上に払って、片付けられるものはしまう。出すものは出す。ってことでようやくストーブを出しました。思いついたらぱぱぱっとしてしまうのがいちばんだなぁとあらためて。これで大好きな焼き芋は焼きたい放題だし、静かに過ごしたい夜なんかには水といくつかのクローブをいれた鍋をのせておくと空気がすっきりしてよい気持ち。さぁさぁ今夜は週末のOPUS「W.W.S.」@Antiques & Repair eelに向けての変更と確認稽古。会場が変われば見え方も変わる。きっと動きも変わるはず(たぶん)。10月が始まったなぁってついこないだ思った気がするのにもう最終週なんて。どっひゃー。今日もぼちぼちいきましょね。

ぼんやり頭をゆるめすぎてふにゃんふにゃんしております。先日、香川の方から「讃岐手打ちうどんの干しうどん」と、香川の郷土料理のしょうゆ豆をピーナッツで作ったという「ぴーちゃん豆」をお土産でいただいていたので食べてみました。おいし。その土地その風土でいろんなお土産があるんですね。なんだかいますごく香川に呼ばれている気がしていて、これはいよいよ行く時が来たのかなと思いたいところ。もし行けたなら、このお土産をくれたあの人やたまたま知り合ったあの人、気になってるあの店、いろんなみたい景色がある。そんなことを考えながら過ごす午後もいいものですな。

OPUS「W.W.S.」konya galleryでの4回公演終了しました。ご来場いただいたみなさまありがとうございました。次は1週間後に薬院のeelへ会場をうつしての2回公演です。そちらもお席はSOLDOUT。ありがたい。みなさんと顔を合わせられるのはやっぱりうれしいです。今日はひたすらに眠ってごろごろして、ようやく家の仕事をぼちぼちと。気付けばぐっと寒くなっていて毛布を出すなど。ぼんやり頭をゆるめながら家の片付けをするのが最高に癒されます。今夜は暖かくして映画を観たりしたいな。

初日、ありがとうございました。みなさまを想像して、ではなく、実際に目の前の椅子にいてくれることの喜び。なんせOPUSとしては1年3ヶ月振りなのであの距離感に緊張もしましたがどこかほっとしたというかなんというか。「ただいま」の気持ちが強くなりました。昨日は開演時間を30分早く間違うなどはりきったので、今日はばっちりリラックスもしつつ、まずは家仕事してととのえるとこから。さ、2日目いきたいと思います。

OPUS「W.W.S.」初日の朝です。ひゅう。なんだろ、スパッと言い表すことのできないなんとも複雑な気持ちです。いい意味で、です。というのも今年3月には「Epimetheus」という作品を無観客公演として上演したのですが、それは映像配信をせずにカメラマンさんに撮っていただいた写真を公開するカタチでお届けしました。なので、OPUSとして会場で直接お届けできるのは2019年6月/7月に上演した「семья」以来の1年以上振りなのです。ああどきどきする。なんかね、昨日、今ツアーはじめの場所となるkonya galleryへ小屋入りした時「ただいま」と「はじめまして」って気持ちが同時にきた気がしたんです。これはね、今こんな気持ちですって言えないです。そんなわたしを小脇に抱えて、どの気持ちも掬い上げて、「W.W.S.」の世界に生きる。いってきます。会場で待ってます。

いよいよ本日小屋入り。照明バランスとか(OPUSは明かりバーンとかしないのでじわりじわりと調整します。)、音楽バランスとか(こちらもじわりじわり調整。)、わたしたちとお客さんの距離が近いからこその見切れ問題とか(どのお席からでもストレスなくみえるようじわじわ椅子を動かします。)、とかとかとか、を今夜中にばしっと仕上げて明日いよいよ初日を迎えます。そわそわ。そわそわするからまずは家を整える。ほんでごはんを食べる。おす。

2日間の撮影を終えて「明日はもうすっごい寝る!」とお風呂でしっかり温まってベッドに入った昨夜。すーんごい寝ました。12時間くらい?たはは。すっきりすっきり。今作品の制作サイドからの『GO!』が確認でき次第、お知らせさせていただきますので心のすみっこでそれを楽しみにしてくださると嬉しいです。さぁて、家仕事を整えてお灸でもしようかしら。そうこうしてたら夜はOPUS稽古。よーし。いよいよ明日は小屋入り。よーしよーし。会場で、はやくみなさんとお会いしたいです。

今朝は公園での撮影からスタートです。気持っちいー。穏やかに晴れた空の下、水筒にいれてきたお茶をのみつつ待機しています。ちょこん。レジャーシート持ってきたらよかったなー。パンとか買ってさ。なんて思うくらい気持ちがいい。撮影チームのみなさんとは今回が2度目。うれしいです。また声をかけていただけたことが。こうして繋がっていけることが何より大切に感じる。いつだって、ひととひと。

今日明日と撮影のため、移動中の都市高速の上で書いています。いきなりですが、乗り物が好きでして。車電車新幹線飛行機船。移動するのがただただ楽しい。特にこの朝の時間はもう気持ちいいが止まんないです。空も美しいな。流れる景色にその土地っぽさをみつけるのにワクワクしたりもする。街を通り抜けて雲海がみえる。もうすすきもこんなに揺れているのか。穂も真っ白でひらいて飛んでいくのももうすぐなのかなぁ。あー、楽しいなー気持ちいいなー嬉しいなー。ふふふ。自分で運転するのも好きだけど(めちゃ運転するけどゴールド免許です。えっへん。)こうして座っていられるとぼーんやりできていいなぁ。あたまをかるーくして、撮影がんばるぞ。

昨夜今朝と母と電話。夜の稽古終わりだったので「遅くにごめんね、寝てた?」と聞くと「うーうんまだ寝てないよ」と眠そうな声。「どこにいるの?」と聞いたら「お布団」と。もうね、母ですけど「(…かわいい…!)」てなるー。なんなのもう。今朝は一転すごく元気そうな明るい声でよく眠れたんかなぁと嬉しくなった。なかなか会えない分、電話でなんでもない話ができるのが嬉しい。

今朝は歯医者さんからのスタートでした。なかなか歯科選びに苦戦していたのですがようやく気楽なところをみつけて定期検診をお願いしています。はじめて朝いちばんに予約をしてみました。いいですねぇ。最近はゆっくり家仕事から始めることが多かったので久しぶりに朝から外へ出たわけですがとても気持ち良かったです。清々しい。医院に着いてお口の中をのぞいてもらっている途中、ちびっこの声が聞こえてきてそれがだんだん大きくなり涙まじりの叫びになり。やー、気持ちわかるわー。うんうん、痛いよねー。そうそう、帰りたいよねー。と、小さな彼の訴えにいっこいっこ共感していたら終了。あの子もいつか大人になった時「やー、わかるわー」側になるのかな。はたまた先生側になるのかな。そんなことを思った朝でした。

数日前から金木犀の香りが濃くなったように感じる。寝室の窓を開けても、台所の窓を開けても、洗濯物を干していても香る。しあわせー。いいかおりー。夜に自転車で帰ってる途中にふわりとかおってきたりすると景色が一瞬できらりとみえる。むかしからずっと好きが変わらない数少ないもののひとつです。そろそろ焼き芋も恋しいなー。もちょっと寒くなったらストーブを出して焼き芋最高な季節の到来だな。うふふ。

OPUS稽古の休憩中、共演者の坪内陽子さんから「その首元すごい素敵ね」と、着ていたニットをほめていただいた。なんてことない黒いニットなのですがもとは古着。形が気に入ってかれこれ6、7年くらい着ているのだけど、ふとしたときにちょぼっと穴が空いてたりする。それをシルバーの毛糸で繕って着ている大事なお洋服で、その繕った部分をほめてもらえてとっても嬉しかった。暮らしのなかで好きなものしか身の回りに置きたくない。だからこそ、ずっと長く近くにあるということはそういうことなのです。帰宅後にあらためて陽子さんよりメッセージが届く。そのなかみがまたとても嬉しくて、日常がだれかに届くってこういうことなのかしらととても嬉しくなってロールケーキ食べた。嬉しいがいっぱい。今日もお天気快晴。さぁさぁ掃除に洗濯だい。

昨夜は静かに、部屋の照明をおとしてキャンドルだけで過ごしました。そのキャンドルは数日前に「ゆきさんがいて、そこにトーンと灯りがおちてるようなイメージがわいたから」と、お世話になっている方からいただいたもの。贈ってくださったその方が、もともと作品に添えられた別の言葉からそんなインスピレーションを受けたんだなぁってとても嬉しかったです。あたまがじわぁとゆるんでぐっすり眠れたおかげか今日はとっても元気です。るんるんのるん。これから家の仕事を片付けて、お昼からすこしお散歩しようかしら。おなかすいたー。うっすらくもり空の下、気持ちはすっきり胸はっていきましょ。

ヒビノはじめての夜更新です。あまり時間帯をばらばらにしないようしていたのですが、今日はやむなし。午後はすっきりした秋晴れでしたね。穏やかな空だったなぁ。みなさんどんな週はじめだったかなぁ。帰宅途中だったり、もうおうちでゆっくりしてたりするのかな。そんな方はおかえりなさいー。まだの方はもうすこしファイトー。珈琲でも淹れてほっとしよっ。

今日は友人の誕生日。年齢はひとまわり離れているけど、何かあるときも何もないときもいつも近くにいてくれる大切な女性です。うん。おめでたいなー。うれしくなっちゃうなー。おもいっきり祝うぞ。自分の誕生日もすきだけど、誰かの誕生日っていいんですよねぇ。生まれてきてくれてありがとー!って思う。当たり前にみんなみんなそういう日があるんですよね。うれしいなぁ。おめでたいなぁ。

母からの「もういつでも稲刈りいいですよ」という電話で目が覚めた今朝。今年はほとんど帰れなくていつも以上にお米のことを祖母や母に任せっきりにしちゃったなぁ。ありがたや。秋晴れの稲刈りはほんと幸せ。空気も澄んでて暑くもなく、掛け干して乾燥させきる日を楽しみに刈る。あー、おばあちゃんのおはぎ食べたいなー。栗の季節だからおこわかなぁ。みんなでござとか出して外でごはんたべたいな。

整体であちこちゆるめたりととのえていただいて、夜はゆぶねにお湯をはって塩をいれて入浴。とーってもぐっすり眠れた。きもちいー!おはよー!な朝です。いくつかみた夢には役者の後藤香さん(福岡の舞台や映像作品で共演したことがあり、わたしは後藤さんのことを宝物だと思っている。)が2回ほど出てきて、どちらもふふふっと自分の笑い声で目が覚めた。ふふふ。友人からランチに誘われていたのだけどなかなか行けず申し訳ないなぁと思っていたら、昨日別の友人とその行きたかったお店へ行けたらしく嬉しい。気持ちよく目が覚めるだけで外もこんなに明るく感じるのか。睡眠大事。

昨夜は公園でコンビニのコーヒー片手に夜のピクニックでした。「寒いね」とか「苦いね」とかみんな同時に口にしててひとりこっそり笑った。最近はとにかく外にいるのが気持ちいいです。見上げれば空、そこに聞こえる音に耳を澄ましてただぼんやりと。家にいてぼーとしてるのも大好きなのだけど、いまは、外で風を感じて感覚を追ってく作業が必要なようです。そのときどきのしたいことを『したい』といえるよう日々の声に耳をかたむけていよう。今日も穏やかなよい一日を過ごしましょ。

きもちよい秋風にちょっぴりやられてしまったようです。ちょっぴり、ほんのちょーっぴり喉がイガッと。いかんいかん。しっかりケアしてできれば今日のうちにおさらばしておこ。昼間は暖かいんですけどね。夜は寒くなるぞって分かってるのについ、ね。みなさんもお気をつけてくださいね。今日も洗濯物がよく乾きそうな天気。清々しいー。

なんやかんやと朝からぱたぱたで今日のヒビノは夕方更新になってしまいました。これからさっくりお部屋を整えてまたぱたぱたと。部屋の窓をたくさん開けて空気を入れかえる。ふわ〜ぁ、気持ちいい。うっかり午睡してしまわないようにしなきゃ。おなかもすいてきたぞい。みなさん夕飯なににするのかなー。

「葉っぱがおちたら、もしかしたら花が咲くかもしれないです。」と言っていただいた切り枝の葉っぱが緑から紅くなり少しずつおちはじめた。蕾はふくらむかなー。咲いたところがみれるといいなー。窓を開けると冷たい風がいつもよりたくさん入ってくる。うひゃひゃとちょっぴり窓を閉じる。あったかいスープの季節だなー。グラタンもいいなー。チャイもいいなー。なんて。何より鍋。

言葉にするのはすごくパワーがいる。思ってること考えてたことを伝えたいと思ったとき、飾らずそのままにそっと渡したい。そうしてそっとひろげてみたらふんわりと受けとってもらえたりする。そんな優しい世界でありたい。

ほとんどの人に意外がられますが、自転車に乗っています。結構大きいやつ。1年のうちにほんのちょっとだけある「自転車最高」な季節のいま、ほぼ毎日何かしらどこかしらへ向かうときに乗っています。ほんと気持ちいいんですよ。ハタチの時に買って以来ずっと一緒なのですが、当時は坂がきつい街に住んでいたので結構大きめの自転車を選んで、でもよくよく考えてみるとそもそも自転車に乗ることが5年ぶりとかだったので何が何やら恐くてしょうがなくて知人に自転車教室してもらったんだよなぁという思い出いっぱいの自転車です。もう10年超えの付き合いなんだなぁ。今日の気候も「自転車最高」。そんなご機嫌なときのハナウタは弱虫ペダル。ラブリーチャンスぺたんこちゃんです。

「前に話しとったけん」と、唐津の黒イチヂクをいただきました。すぐに切って食べてみると、ねっとり甘くて至福の時。今年は皮ごと食べるのにはまって(よりイチヂク選びが難しいのだけどそのかかる手間すら愛おしい)、輝くお月さんを見上げながらがぶりと丸かじりしました。これまでとまた違う魅力にきゅんきゅんした2020。秋が始まったなぁなんて思ってたけど、昨日は中秋。秋も半ばなんですよね。短いこの季節が昔から大好きです。どこもかしこも美しい瞬間に溢れている。部屋の中の目隠し用に張った白い布が柔らかにふくらんで風がみえる。毎朝の優しい秋風。

10月のはじまり。お誕生月のみなさまおめでとうございます。どうぞよい日々重ねをお過ごしくださいね。わたしもお友達のお誕生日が続きます。「おめでと。」ってあのひとあの子にたくさん言えて嬉しい月です。今日は中秋の名月だそうですね。お天気具合をみると夜は綺麗なお月様がみえるんじゃないかなぁ。わくわく。先日もとても綺麗な月が出ていて、澄んだ空気とぴったりでお散歩していてとても気持ちよかった。気持ちいいなぁって感じる風を頬に流しながらぼんやり過ごしたい、そんな今夜です。そのために今日も今日とて頑張るぞい。

すこし前、数年前に使っていた手帳を読み返していました。そこには自分に向けた「なぜ?」がたくさん綴ってあってそのひとつひとつに自分で答えていたのですが、読み進めていくうちにハッとしました。手帳を読み返していたそのときに、何となく抱えていた自分への「なぜ?」の答えが過去の手帳に綴ってあったのです。もちろん同じ「なぜ?」ではないし、数年間で経験した様々もあります。ただこのポイントさえ押さえていれば大丈夫と言えるような、わたしに湧いてくる何かの原点のようなものがそこに綴ってあって、心にいつもそれを置いておけば色んな角度から「なぜ?」がきても迷わずに済む気がした。問いも答えも、すべてを自分は知ってるんですね。そんなことを思う9月最終日。深呼吸して背伸びして、おーし行きましょ。

ただただ笑って楽しかったなーって夜だった。何がどう楽しかったとかわかんないくらい、ただただ笑ってた気がする。ひとりではにやにやして過ごすことが多いから、そうやって笑わせてくれる誰かといると何でもどうでもいいような気持ちになってくる。最近そんなふうに「わっはっはー」って笑ってなかったのかもな。すっきり秋晴れの空が気持ちいい。さ、すうと息吸って肩上げて、ふうと息を吐きつつ肩を落として。小さな声でも大きな声でも、わっはっはー。

日付を見てあわあわしている朝です。月末の書類作成って毎月のことなのにどうして早めにできないんだろう。25日までにするぞって決めててもなぜかこうあわあわしなくちゃいけなくなる。ひゃー頑張るぞ。昨日から好きな映画のサウンドトラックを検索して遊んでいます。映像的な音楽が好きなんだなぁ。日々の暮らしの中で、美しいなぁ好きだなぁと思う瞬間にとても似合う音楽がある。そういう曲に出会えた時のうっとり感はガトーショコラみたい。とろんとする。っと、とろんとろんするだけじゃなく書類作成も進めましょう、山本さん。はーい。

あっという間に9月も最終週。日々がはやいなー。びっくりしちゃう。昨日メンテナンスのため美容室へ行ったら、共通の知人で木こりをしている女の子が「今年は蜂が低いところに巣を作ってる」という話をしてたと聞きました。そういう年は、冬がくるのが早くて寒さが厳しくなるんですって。そんなふうに冬をよむのを初めて知ってびっくり。興味深いなぁと。そんなふうにおもしろいことがたくさんあるからひとと出会うのは楽しい。

いろんな夢を見すぎてあたまぐるぐるしております。や、おもしろかったからよしとできるものもあるんですけど。このおもしろさが伝えられないもどかしさはありますが。それにしてもぐっすり眠りました。何時間だ…?10時間以上…?夜中に目を覚ましたときのあの静けさが好き。よーく耳を澄ますと風の音が聞こえてもう一度眠たくなってくるあの瞬間がまたすごく好き。自然だ、きっと自然が不足している。最近よく「キャンプに行ってきたよ」って話を聞いていて、とってもとっても「いいなー」を連発しています。キャンプも登山も大好きです。山で眠ると、風とか動物とかいつも何かの気配に満ちていて少しだけこわい。でもそれが妙にほっとするというか、わたしも一部になれる気がして溶けていく。なんだかもうすっかり冬が近くにいる予感。いまのうちに自然と遊んでおきたいなぁ。

今日は「1年に何度あるかしら」というありがたい日。ナレーションから始まりこのあとも盛りだくさんです。よいお知らせができるよう頑張ります。つくづくね、思うんです。ひととひと。わたしひとりで出来ることは限られている。だれががいて、あなたがいるように、わたしもいる。いくつもの巡り合わせに溢れた世界は美しい。もてる体はひとつだけれど、まぁるくまぁるく。ひとつからまたひとつ。そんなことを思いながら今朝まわした洗濯物を干すためいったん家路。みなさんお昼ごはんどきかな。おなかすいたー。

さらさらしとしと雨ですね。一昨日、昨日は久留米にいました。昨日のお昼間はすごく気持ちよいお天気だったので、知人のカフェでレジャーシートを借りて公園でお昼寝を。風が気持ちよかったぁー。想像するその気持ちよさを越えて、ぷぎゃーってほど気持ちよかった。趣味のひとつに「公園でお昼寝」をくわえようかしら。すっかり涼しくなって外で遊ぶのが気持ちがいい。こころ開放して深呼吸して短い秋を楽しみたい。

気持ちよい風の吹く部屋で、そこにいる誰のとは言わないけどきっとそこにいる誰のものにもなり得る未来の話をした。ああありたいなと思う姿や、こうありたいなと言える姿、それぞれがこれまでに歩んできた場所を大切にしながら「おしじゃこれからはどげん歩こうかね」と考える。どこにいるかより、どういるかに興味がある。ただありたいように進めばいいのだと思う。

二十四節気、秋分。お布団を抱き枕のようにしていたようで、寒くて何度か起きました。あったかいお布団ださなきゃ。ふと思う、もしかしてもしかして、もうすぐ金木犀のいい香りがしてくるころかしら。以前住んでいた家もいま住んでいる部屋も、近くに金木犀が植わっていて香りがするといつも癒される。小さい頃から変わらず好きなものってそう多くはないと思うのですが、そのひとつとして好きなんですよねぇ。香るとぶわわぁっていろんな記憶がよみがえる。香りってすごいなぁ。あ、いきなり今日の夢思い出した。前にみたことある夢に繋がる、その前に起こったことの夢でした。「あぁ、あーしてあんな風になったんやー」って、もう映画をみてるときみたいな感じです。白い猫が登場したのは、きっと昨夜いっしょにいた友人から白い猫といっしょに住み始めた話をたくさん聞いたから。うむ。

いまの季節の朝晩の空気が大好きです。寒いのだけど、すんとしたなか胸を開いてする深呼吸は気持ちがいいし星も月も朝陽も美しい。冬が近付くと山の暮らしをよく思います。陽が沈めば家にいて、陽が昇れば外へ出る。長い夜は考え事をしたり本を読んだりするのにちょうどいいし、朝は夏よりゆっくりと動き出すからのんびり屋なわたしにはぴったりだなぁと思う。そういう暮らしを今は祖母がひとり気ままに送っていると思うと、街にいるわたしも心は山へ飛んでいってほんわりできる。祖母は美しくて強い。

根っこが生えているのを透明の花器で眺めて楽しんでいた植物をついに鉢に植え替えました。根付いてくれるかなぁと心配していたのも数日。すぐに馴染んで新しい葉っぱをどんどん伸ばしています。やったね。その鉢を空けるために雑草の鉢をすこし整理して、どこからか生えていたさつまいもの葉っぱはちょきんとハサミをいれて花瓶に。こちらも数日でにょきにょきと根っこを出してきた。さすがにさつまいもが収穫できるか分からないけど、こちらもまた土にもどしてみようかな。最近また植物や花に触れる機会が多くて嬉しい。掃除や洗濯と同じように、わたしになくてはならないものかもしれない。

4連休のはじまりかな。秋分に向かってどんどん季節がながれていくように感じます。昨日友人と話していたらこの冬は寒くなるとかなんとか。風邪などひかないようにいまのうちから気をつけておきましょね。なんだかもやもやしてしまうことが目の前にあると、あたまがピーっとストップしちゃう。もやもやしてますよって伝えられたらすっきりするのかもしれないけどそんなのを伝えてもなぁとか思うと、もやもやした気持ちを丸ごとくるむ方を選ぶ。大きくみると、こんなもやもやなんてほんのちいさなことだもの。わたしはわたしで、優しいところにいればいい。そこで出会えるひとや言葉たちに感謝して、大きく広く捉えていきたい。今日は劇場へお芝居を観に行きます。すんごくひさしぶり。客席へ行くのにこんなにどきどきしているのはずっと恋しかったからでしょうか、劇場が。

毎年、田植えを終えてすぐのころか収穫を待つこれくらいの季節に伊勢神宮を詣でています。今年は時期をずらして随分と早くに詣でたのですが、何年前だったかたまたま御神馬さんと会えたことがありまして。それはそれは美しく、なんとなくコーマック・マッカーシーの『すべての美しい馬』を思い出しました。その御神馬さんと、現実ではみたことのないそのお友達の御神馬さんが今日の夢の登場人物でした。あ、人物ではないか。うーん、なんだろ。やー、夢の中でも美しかったなぁ。さらっとつやっと輝いてた。伊勢を思うと心にふわりとやわらかな風が吹くような気がします。そして感じる、しんとしていて少しだけぴりっとした清らかな空気。伊勢のみんなはどうしているかしら。

ざぁっと雨降る夜から穏やかな朝です。昨夜の雨も、朝方の空も美しかったな。目の前で起こるいろいろとか、そこに合わせなきゃと思ってぱたぱた動いたりするじゃないですか。だけどやっぱりそういうハッとする美しい瞬間に敏感に気付ける余裕を常に持っていたいなぁと。聞き流したり見流したりしないよう、瞬間瞬間に感じていたい。今日もよい風が吹くところにいれますように。

車が水たまりをはねていくような音が聞こえて目が覚めてカーテンを開ける。しっとり雨です。これでまた寒さが近付いてくるのかな。先日のOPUS稽古の前に八百屋さんで買ったいちぢくは昨日食べきってしまった。おいしかったなぁ。今年会えなくなる前に、とも思うけどそう欲張れずに毎年会えなくなる。好きすぎて手にとれないんですよね、いちぢくのパック。涼しいとこに並んでるのをみるだけで胸がきゅんとしちゃって、触れようとして「わたし今日この子を連れて帰れるほど頑張れたかしら」と謎の自問を始めたりする。そのまま「いいえ今日はそんなに頑張れてないわ」とか「今日はどこからどうみても頑張ったでしょうよ」とかで買えなかったり連れて帰ったり。そんなこと考えずにさくっと買って帰って幸せになればいいのにね、と最近ようやく思います。が、その自問でうぐぐーしてる感じもわたしらしいなぁとも思うんです。そういえば昨日は皮ごと切って食べてみた。普段は丁寧に皮を剥いて、じわぁとろんとしたデザートっぽさを楽しんでいたのだけど、皮付きだとしゃくっとろんとして食事っぽくなるんだなぁと。言わずもがな、どちらも好き。

気味悪い夢をみて夜中に目が覚めた。冷蔵庫で冷えてたポカリをのんでちょっと落ち着いた。もう一度寝直すと公演前によくみる類の夢。ぬーん、早い早い。お芝居本番が近付くとかならずそういう夢はみるのだけどいつもとは入り口が違くて目覚めたときに「くぅーやられたぁー。」と不思議な感覚に。昨日はひさしぶりに自転車に乗ったり天神をぷらぷらしてみました。すっかり秋ですね。風がとっても気持ちがいい。どんどん季節が流れてく。あたたかい珈琲淹れよ。

当たり前といえば当たり前なのですが、眠りに眠ってあっという間に時間が過ぎゆきます。もう夕方?え、もう夜?みたいなことをほぼ毎日思っています。いまはもうできるだけ眠りたいように眠ってまた元気が湧いてくるのをまとう。深呼吸してのんびり始まる3週目。

眠ったー!おはよー!な、朝です。ここ数日のなかでは随分しゃっきりと目が覚めました。ほんとはまだちょっぴり眠たいけれど、ここでまた眠るとぐーぐーぐーから抜け出せない気がするのでひとまずお掃除お洗濯。部屋中の窓を開けても「うぅ暑い…」とならない幸せったら。あゝうれし。今朝は先日の稽古終わりに八百屋さんで買ってきたいちぢくを食べようかな。珈琲もたっぷり淹れて静かに過ごしてみよう。むー、眠たくなってきたぞー。

なんだかもうどうしようもなく眠たくて、すっかりお昼になってしまいました、、ぜんぜん眠らなくていいやいってな時期と、ものすーんごく眠たくてたまらないんだいってな時期を繰り返しています。いまはきっと後者。眠っても眠っても、眠れば眠るほどに眠たい。もうちょっと眠ったら動くぞーぐーぐーぐー。を何度も何度も。ずっと夢の中にいるような感じ。昨年訪ねた尾道で「ねむたいひとたち」という小さな絵本をみつけた。わたしもすっかりその絵本の中に出てくるひとたちのようです。

OPUS『W.W.S.』先行予約受付開始から一夜。さっそくの「予約したよ!」報告ありがとうございます。とっても嬉しいです。ご予約は、直接OPUS制作部へメールいただくか、HP内【CONTACT】から“演劇・映画のスケジュール、チケットについて”のお問い合わせ項目よりお問い合わせいただきますと、わたしからOPUS制作部へ伝えることもできます。その際はちょっとした特典付きの《先行予約特典付》(9/10〜9/30まで)、特典は付きませんがちょっぴりお得な《ペア割希望》などのご記入もお願いします。ひと雨ごとに季節がすすむ。みなさんに会えるその日にむけて、今日も今日とて稽古です。

本日18:00よりOPUS10月/11月公演『W.W.S.』予約受付開始です。いよいよ。今回こそみなさんに真正面からお届けできるといいなぁ。席数もかなり絞っているのでお早めに手帳のご確認を宜しくお願いします。朝晩すっかり涼しくなって、温かい珈琲がますます愛おしい。夏の終わりにわけていただいた水出し珈琲はまだ袋のまま。ついつい温かいのを淹れちゃうんですよねぇ。暑くても寒くてもホットコーヒーが好き派です。夏の終わりから秋にかけてはいろんなスイーツ屋さんのケーキがおいしい季節。あれこれタルトにモンブラン。そして珈琲。あゝ幸せ。

夜中に雨が降ってきて、窓からの風がまたひとつ冷たく感じる。こうしてあっというまに冬になっていくのかな。稲刈りもまだだし秋だってこれからだよって言われちゃいそうですが、ほんとぴゅんっと過ぎていくんですよね。今年は夏を短く感じたからこそ、秋もそうなるのかなぁとか早くもセンチメンタルな気持ちです。その一瞬に感じる温度とか湿度とかにおいとか。愛おしいなぁと思っているまに通り過ぎてゆく。

どうも植物を増やすのが得意なようです。ちょっと前に友人が「ハーブティーにしてね」と届けてくれたレモンバーム。お茶としていただいてしまうのもなんだか寂しかったので、しばらくその葉っぱを水にさしていた。そうしたら茎から少しだけ根が出てきた。なのでそのまま鉢植えに植えてみたらすっかり根付いてもっさり茂ってちょこちょことハーブティを楽しんでいます。同じように、先日いただいた花束の中のグリーンを水にさしていたら、茎からどんどん根っこが出てきた。その根っこも見えるように透明の花器で可愛がっていたらとうとう新しい赤ちゃん葉っぱをみせてくれた。これもまた鉢植えにする日が近そうな予感。そうこうしてどんどん植物が増えていく。幸。

二十四節気、白露。朝露がその日の天気をお知らせしてくれるようになるころですね。朝晩冷え込み、秋がやってくる。ああどきどきする。まだまだ風は強いですが、みなさんの周りはいかがですか?よしよし、大丈夫だったねって話してるといいな。夜中に目が覚めてしばらく風の音を聞いていた。ガラスがガタガタ震えるたびに心静かに何事もなくと願った。夜が明けたころ烏が数羽カァカァと鳴いた。烏が帰ってきたなーと、もう強い風も行き過ぎたかななんて思ったらまだまだビュービュー。もうしばらくは注意していきましょね。田んぼのお米が心配だな。

とても静かな夜でなかなか寝付けなかった。本でも読もうかな、でもな、なんて思ってぼんやりしているうちにいつの間にか眠ってしまって、寝付けなかったなんてほんとかななんて思ったりもする。夜中に何度か目が覚めて、なんとなくうろうろしてみたりベッドに腰掛けてみたりしたけれど、それも気付けばいつの間にやら夢の中。何度か目が覚めたと言うのもほんとだったのか。このあとの空模様が気になりますね。とにもかくにも安全第一。この数ヶ月ですっかりお篭り上手になっているので、静かにはちゃめちゃに過ごそうと思います。わたしのいるところ含め、みなさんのいるところが無事でありますようにと願うばかり。どうか大事なくお過ごしくださいね。

台風10号しっかり備えておきましょうね。わたしは家にテレビを置いていないので情報収集はインターネット頼りです。普段はスマホの電池残量はそう気にならないけど、こんなときはしっかり気にかけて充電器の準備もしておかなきゃなっと。みなさまのいるところが無事であることを願います。昨日の稽古終わり、なんとなくのんびり歩いていたら友人とたまたまばったり会いまして。いつもだったらその時間そこを歩いてないし、すごくびっくりして元気になりました。偶然会えるって嬉しいですね。ただなんかこういつもとは違くて、「わぁ!」ってテンションはあがってるのだけど気持ちはすごく落ち着いているというか、その感覚で話すのが妙に心地よかった。いつもそういう心地よさをもてるよう、今日も暮らす。

ついにOPUS稽古が立ち始めました。この状況下でどうしたらいいのかを考えながらの稽古。どんな公演になるのかわたし自身がまず楽しみです。来週になったらもうすこし詳しい情報などお知らせできると思うのでもうちょっぴりお待ちくださいませね。楽しいこと、熱くなること、そんなのと距離をとってる時期がありました。いまは前のめりにそこにいたいとキョロキョロしてる気がする。「うきうき」とか「なぜ」とか「ぐぬー」とか、ぐわんぐわんする心の揺れをしっかりつかまえていきたい。

台風一過の青い空。昨夜は風がすごかったですね。いろんなところがガタガタビュービューでこわかったなぁ。そしてすぐに次への備え。山で暮らす家族や田んぼに心飛ばしつつ、みなさまくれぐれもご安全に。最近また本から遠ざかってしまっているなぁ。無理して読むこともないのだけど、本を読める状態の方が豊かな気持ちになれるから好き。今はそういう時期なのだろうとそっと放っておいてせっせとお掃除でもしましょうかね。窓を大きく開けて部屋の空気をとっかえる。今日もゆるんゆるんとまいりましょ。

昨夜は鍋でした。この暑さのこる時期に鍋をしたのは初めてだったけど、やっぱりいいですね。すきー、鍋。わたしがいつも作るのは、お水と鶏肉と白菜とお塩だけのとてもシンプル鍋。鶏肉からいいお出汁が出てシンプルながら味わい深くてお気に入りです。お塩がすべて決めてくれる。ピュアな鍋です。にしても空気が重くて外に出ると参ってしまいます。午後からは風も強くなるのかな、安全にお過ごしくださいね。

お誕生月のみなさまおめでとうございます。9月のはじまり。どうぞよい日々重ねをお過ごしくださいね。すこしずつ涼しくなって空の色も穏やかになって植物の勢いもゆるやかになって、どこか切ない気持ちになって心が遠くのあの人まで飛んでいける気がするような、そんな秋が大好きです。いっぽいっぽ。旬のものをとりこんでたくさん深呼吸。

8月も終わる月曜日。あっという間のひと月だったなぁ。(なぁんて言いつつ月末作業はのこったまま。あわあわ。このあと頑張ります。はい。)「ずっとずっと走ってきて呼吸も体もとっくに限界を超えていて、無理してるなんてずっと分かってるんだけどそれでもそうせずにはいられなくて、だけどもうこのままじゃ壊れてしまうって思ったよ。」と話しつつ笑う人がいる。その笑い顔にさした影があまりにも大きくて心配になった。壊れる前にその荷物を降ろして欲しい。「降ろせない。放れない。」って言うだろうけど、置いて欲しい。そっと置けるから。風向きは変わる。いつも心地いい風の吹くところにいて、乗りたい風が吹いたときにまた頑張るといいと思う。

田んぼ、順調でした。ほっ。あっという間に大きくなってあちらこちらに穂もつけて、このまますくすく育ってくれたら2ヶ月後くらいにはもう新米の季節かなぁ。1年に1度、新米に手紙を添えてその時浮かんだあの方この方に送っている。ひとりひとりに似合いそうな絵葉書を選んだり、じんわりゆるゆるとその準備にもとりかからなくちゃ。山は本当に美しい。日陰に腰をおろしてぼんやりしているだけで、心に体に新鮮な何かが満ちていくのを感じる。山が好き。

昨日から家族といっしょです。テレビをみながらああだこうだ言う父と、あれこれ「食べる?」と聞いてくる母。わたしは「うん。」とか「ううん。」とか「ふーん。」とか言いながらぶどうを噛む。母も父もひさしぶりに会ったからかとても嬉しそうでにこにこしておしゃべりで、なんだろ、ちょっと泣きそうになった。大人になってたくさん言葉を知ったのに、うまくつかえないなんてね。電話もいいけどやっぱりたまには顔をみせなきゃなと。それか写真を葉書にしてちょくちょく手紙でも書こうかしら。そうしたらもっと上手に言葉をつかえるかもしれない。夜にすこしだけ散歩した道の真っ暗さに心がほっとした。ふわっと晴れた水色の空の下、今日はこれから田んぼをみに行きます。わぁいわぁい。

昨日からチャンリュル監督作品の映画『福岡』が韓国で上映されています。福岡では昨年のアジアフォーカスで上映されました。その時は芝居稽古のため東京に滞在していたのですが監督と舞台挨拶をご一緒するために福岡へ帰ってきたんだったな。韓国での公開はタイミング的にうまくいかないことがあったりして寂しい思いをしてきました。それがようやく。とっても嬉しいです。以前舞台で共演したソン・ジュウォン君がさっそく劇場へ観に行ってくれたらしく連絡をくれました。みんなにまた会いたいな、と思いつつ、こうして作品を通して会えているのが今の救いだなぁと思う。

胸がざわざわするときほど、自分の手や口に慎重になるようしています。これまでに楽しくなっちゃってついぺろっと言ったことやしてしまったことにほとほと嫌気がさしているからかもしれない。その時の相手が「ぜんぜん、なんとも思ってなかったよ」と言ってくれたとしても、そのあとしばらく胸が苦しく感じたりする。つい口をでてしまった言葉は上擦ってどこか行き場をなくしたもののように感じるし、ついとってしまった行動は心とバラバラになった操り人形みたいだなと思う。いつだって自分や相手にまっすぐに向き合って、できるだけ美しい言葉をうたうようにお喋りしたいなと思う。と、なんとなく。

籠の中に入ったいろいろや色と形が気に入ってるランプやドライにしたバラがある。白い布を張った窓の向こうから車の音がしたり子供の声が聞こえたりする。すこし曇ってるのかな、やんわりした光がまわってる。あたまがなんだか働かなくて椅子に座ってぼーっと部屋を眺めている。静かに、ぼー。珈琲でも淹れてみようかな。ほんでお掃除しよう。ぼちぼちいきましょ、週半ば。

久しぶりに夢の中の動作と眠っている体の動作がリンクして壁に手をぶつけて起きました。結構な勢いでそうしたらしく寝起きで指先の痛みに耐えることになるとは、、ってな今朝の目覚め。つかまえたニワトリを窓から逃がそうとしたんですよ。クチバシで突っつかれながら。そういえば前は、夢の中でおせんべい食べてたら目覚めてみるとおせんべいを持つ形の手が口元にあって笑ったーっていう夢を見たよって人に話す夢を見て、その時も目覚めてみると手はしっかりおせんべいをもつ形で口元にあったのであった。おせんべい食べたかったんかなぁ。

お天気予想もしっかりはずれて快晴だった昨日。今朝の風も涼しかったー。朝焼けもとっても美しかったな。Twitter/Instagramでお知らせしましたが『OPUS/Wonderful Wonder Snatch』略して『OPUS/W.W.S.』情報公開いたしました。詳細はまたお手紙としてブログにも綴りますが、ひとまずは、10月後半と11月あたまの日程確認いただけましたら幸いです。チケットの先行予約受付は9月10日から。そのあたりもまたあらためてお知らせさせてくださいね。さきのことなんて分からないけど、いつだって準備はしておく。待っていてくださるならとっても嬉しい。です。

二十四節気、処暑のはじまり。朝晩は涼しい風を感じるようになってきましたね。夕陽も穏やかに焼けるようになってきたし、日が暮れて鳴いている虫の音色も変わってきました。昨夜は細い月も美しかったなぁ。自然のうつろいゆく様が毎日楽しい。そしてちょっぴり切ない。今年は田植えしたもののなかなか星野へ帰れずにいるので山や田んぼが恋しいです。もう少ししたらお米の花が見れる頃かなぁ。可愛いんだよなぁ。今日はなんだか空が重たいですね。どっしゃりと雨が降りそうな。お出かけ、お散歩の際はお気をつけくださいませな。

ご縁あって出会った方にお誘いいただき能の稽古場を見学させていただきました。数年前に大濠能楽堂で拝見して以来ずっと興味のあった能の世界。見学だけのつもりが「せっかくなので、」と仰ったので「是非!」と体験もさせていただきました。まったくのゼロからのスタート。まずは稽古はじめの御挨拶から。それから立ち方。全身をまず緊張させて緩めるところはそうする。そうして自分で自分の体に負荷をかけての身体表現。くー。できない。できなくてすごく楽しい。感覚にぴしぴし刺激をもらえてあっという間に時間が過ぎてゆく。新たな世界とこんにちは。新しいことを始めるのがとても好き。

今週もおつかれさまでした。お休み明けで暮らしのリズムが難しかった方も多いんじゃないかなぁ。毎日エライ。わたしはよく自分や友人に「いつも頑張っててエライエライ。褒める!」というようなことを言います。というのももともとは「わたしこんなんでいいのかなぁ。」みたいな不安が付き纏っていたタイプで、もっとこうした方がいいんじゃないか、もっとああしてあげた方がいいんじゃないか、と頭ぐるぐるすることが多かったんです。だけどある日、それって単なるエゴだなーと思ったことがあって。相手の心が分からないまま想像して不安になっていたんですよね。そんな不安に囚われるよりも、そのまままるっとくるんで認めちゃう。そしたらまず自分が解放されたし、いろんなものが穏やかに見えるようになった気がします。ひゅうひゅう言っておいしいアイスたべて「うわーい今日も頑張ったエライエライ。」でぐっすり眠る。そうやって整えてまた歩き出すんだい。

昨日の夕陽も美しかったなぁ。お堀には蓮の花が咲いていました。全盛期は過ぎたのかな、ちらほらと枯れた葉っぱもあってそれがまたよかったです。朝に起きて夜眠るまで、美しいなぁと思う瞬間にたくさん出会えるととても幸せに思う。ただその瞬間をみれて幸せだというのもあるけど、そこに気付ける自分でいれることが嬉しい。普通に生活することですら緊張感のあるいま、心がふかぁとするものを見て感じることがとても大切に思う。日々いろんなことを選択する中で、ひとつずつふかふかするものを増やしていけば良いのじゃないかなぁ。

いただいたお花の中のバラをドライにしてみました。そうするタイミングが良かったのか凛とした佇まいに毎日「ほう」とうっとりしています。黄昏時なんて特にしばらく眺めていたいくらい美しい。どこか切ないような儚いものが好きなのですが、ここ数ヶ月の暮らしでその美しいと思う感覚がより高まっている気がします。誰かと話をするとき、これまで以上に時間はかかってしまうけど自分の言葉でできるだけ飾り気のないものをチョイスしてそっと置く。その言葉がなかなか出てこないときもあるけど、それはそれでそういうときなんだろうと眠る前にほろほろ溶かす。そういう時間を重ねています。

最近の元気のもとはアイスクリームです。お昼に食べるもよし、夕暮れの公園で食べるもよし、夜に静かにたべるもよし。そのあとの予定を頑張ろって思えたりその日一日のご褒美になったりと、食べてるときの「はわぁーおいし」にしあわせな感情がぎゅうとつまってる。わー、台湾の『順天氷棒』のアイスキャンディが食べたいなぁ。

みなさま夏休みいかがお過ごしだったでしょう。今日からお仕事再開の方が多いのかなぁ。お盆過ぎたら夏はまた来年なんて聞きますが、たしかに今日の明け方はすこしだけ涼しかったような気が。そんなこと言ってたらまた暑くなったりしてわぁわぁ言わなきゃいけなくなるんですよね。暦の上ではもう残暑。今年は季節のうつろいがとても早く感じます。すこしずつでもしっかりと近づいてくる秋を楽しみに暑い日々を乗り越えましょうね。と、昨日いちぢくを食べたことをご報告。しあわせ。

先日いただいたお花がはなびらの下に種をかかえるものだったようで、ぱらりぽろんと小さな種を落としている。その音を聞くと小さい頃道ばたでよくみてた小さな袋みたいなのに種をかかえる花を思い出す。その袋みたいなものをきゅっと掴むと中からパーンと小さい種がいくつも飛び出してくるの。あれなんて花だったんだろう。今年のお盆は帰れずじまい。電話越しの母の話はいつも通り「変わりないね?」から始まる。元気な時も胸がつかえて言葉が出ない時も、母はいつも変わりなく「変わりないね?」と聞いてくれる。大好きだった祖父は「ゆきさんな、お元気しとったですか?」と聞いてくれていた。そんなふうに聞いてくれてた頃は1週間のうちでもしょっちゅう会っていたのにそんな聞き方をする祖父が可愛くてどんな時でもいつも笑わせられたなぁ。目を閉じて、家に帰る朝。

これまで苗字でお声かけしていた○○さんが「最近なかなか相手の名前を覚えきれないのよー」と話していて、そう言われてみると○○さんのお名前なんだろう?と気になってふと聞いてみた。すると『ゆきお』さんで、それを聞いたときに「わぁ。じゃたぶんわたしのことすぐ覚えますよ。わたしは『ゆき』で〈ゆきちゃんゆきちゃん〉どうしだから。」と言っていた。いきなりのちゃん。そういうことをさらりと言ってしまうあたりが末っ子のわたしっぽいなぁとひとりこっそり苦笑した。今日も夏空ですね。風に揺れる洗濯物をみながら今日もありがたいなぁと思う。

毎年夏のどこかで楽しんでいる線香花火。昨夜ご近所さんのお友達と一緒に数本だけ火をつけました。もうずーっとみていたい。はじめの赤い玉のつぼみから最後の散り菊まで、ほんと美しい。それぞれの火花には名前があって、その散り方の変化がたしか5段階くらいあったんだよなぁ。なんだったっけなぁ。花火のあと片付けをして、指先とか髪の毛とかにふわっとのこる匂いも好き。そうこうして眠ると、朝方の海にはいる夢をみました。真っ透明な海。空がだんだん明るくなっていく色。海水の生ぬるい温度。目覚めて時間が経っても鮮明に覚えています。

久しぶりに夢で釜山の役者仲間に会えた。お互いの誕生日が10日違いの彼とお祝いし合う夢だった。今年この時期ちょっと長めに釜山へ滞在しに行けたらなぁなんてひとり思っていたものだからそんな夢をみたのかな。「ゆきさんは今行けるならどこに行きたいですか?」と聞かれて、行きたいところがたくさんあって一瞬言葉が出てこなかった。行ったことがなくて行きたい場所もたくさんあるけど、今は各地で暮らすみんなの顔が浮かんで、元気に過ごしているといいなぁと思うばかり。

数日前のことですが楽しくなっちゃってつい食べ過ぎてしまい、それから少しだけ体の重さが続いています。体が喜んで、心から食べたいと思っているものをその時必要な分だけ食べるのが好きだし、そもそもが空腹でいるのが好きなので「おなかすいたー」がわたしには合ってると思うのですが、やっぱりたまにの思いきりおなかいっぱいも楽しいですね。何を話したとか何をしたとかあまりないけど、思い返してただ「あー楽しかったなー」と思える日が癒し。

明け方からしっとりぴっちゃん雨ですね。先日タクシーの運転手さんと「子供の頃は毎日のようにざぁっと夕立しよった気がしますけどねぇ」と話したのを思い出します。なんとなく空が暗くなってきて「わぁこれはくるぞ」なんて母が言うと瞬く間にざぁっと雨が降り出して急いで洗濯物を片付けたりしてたっけ。雷がゴロゴロ鳴りそうなのを感じながらあせあせ動いて、今日の晩ごはん何かなぁて考えるのが好きだったな。ちなみに山本家では全てのことが父を中心に回っていたので、夏の食卓にかなりの確率で登場していたのは塩が多めにかかった手羽先の唐揚げでしたね。あとは夏野菜が次から次へと収穫期を迎えるのでその野菜炒めたち。こちらも塩分高め。ふふふ。

友人の夏休みが始まった。鹿児島出身の彼女は今回の帰省はやめたそうな。寂しかろうなぁ。みなさんはどんなふうにこの夏を過ごしますか?
先日のOPUS稽古終わりにみんじさんと少しだけ話したこと、人と人の距離感について。いろんな価値観あると思うけど、やっぱり人と人が会って近いところでできる話って強いよねって思ってたところに、いやいやそれはしちゃだめですって言われちゃって、心の動きと体の動きをリンクさせることができない感覚。やきもき。こんな時だからこそ思いつくことやできることもあると思う。それはその人がやってくれたらいい。わたしはわたしで粛々と自分のできることをするのだ。こんな時だからとかそういうことではなく、いつだってそうしてきたことをこれからもそうするのだ。優しく。

思えば小さい頃から自分と話すのが好きだったような気がします。直感で選ぶことが多く興味のないものに関してはとことん無反応で「なんとなく」「どっちでもいい」「しらない」が口癖だった頃は母を困らせた(怒らせた)こともありました。だけどふと立ちどまった時に「なぜこれが好きなのか」とか「なぜこうしたいのか」とか、自分への「なぜ」をインタビューして大切な誰かへむけるようにひとつずつ丁寧に答えていくんです。そうしたら、今わたしがどこにいてどこに向かっているのかが浮き立ってくる。そういうのをくるんであたためながら今日も今日とて整えながら暮らすぞ。最近は夕方19時頃の空を見ながら散歩するのが好きです。

「好きなことを強める」ために「好きなことじゃないものをまず強める」というような話を聞いて、なるほどなぁと思いながらも、みんながみんなそうじゃなくてシンプルに物事に向かう人もかっこいいけどなぁと思ったり。いろいろですね。
昨日の花の日、喫茶店で約束をしていた方よりとてもかわいい花束をいただきました。うれしかったなぁ。部屋のいたるところに色がある。にやにや。

祝・立秋。昨日はOPUSの稽古でした。OPUSは『オーパス』と読みます。2018年よりちょこちょこと出演させていただいていて、今年3月には『Epimetheus』というタイトルで無観客公演をおこないました。今作品の情報を公開できるのはもう少し先になりますが、OPUSみんじさんの新作を掲げてみんなで距離とりながら稽古しています。心のどっかでお知らせをお待ちくださるととっても嬉しいです。
そうそう。こっそり応援している農家さんのインスタグラムにて「イチジクの収穫始まりました」の投稿をみつけました。はー、きゅん。これまで食べたことのある全ての食べ物の中でいちばんいちぢくが好き。あとすごく唐突だけれど、今日8月7日は花(8と7でハナ)の日だと勝手に思っており、暑さに溶けそうになる8月の中でもちょっと心がすっとする好きな日です。

オンラインでのナレーション収録用に監督よりヘッドセットが届きました。自分で何度か録音してみながらマイクの位置や口との距離を調整して練習しています。これがなかなか奥深い。細かく調整して録音して聞くを繰り返しているのですがどれもそれぞれ違うんです。どこが正解なんだろう。練習練習。がんばります。
そろそろ大人も夏休みの期間が始まったりするのでしょうか。最近よく耳にする「これまでだったら」という言葉。そう思っちゃうかもしれないけど、適応していかなきゃなと。そうしてみると、どうしても変えられない自分の奥の奥の奥深くとの対話がみえてくるんじゃないのかなぁ。

さいきん、調子よく過ごすことが多いです。相変わらず生活にスピード感はなくのろのろと暮らしていますが、今のわたしにとってはとても心地よいリズムです。ひとりでにやにやすることも増え、たまに腹筋がいたくなるくらい笑ったり、朝方の爽やかな色に感動したり、カーテンを開けて月を眺めながら横になったり。ひとつひとつの出来事がじんわりじんわり沁みいって、体の中にきれいな水が流れてるような気がします。そうしたら、ずっと会えていなかったひとにそろそろ会いに行きたいような、そんな気持ちになっています。会えなかった間の話をしたい人も、「はじめまして。」みたいなすごく瑞々しい気持ちを詰めこんで再会したい人もいる。夏ですなぁ。

昨夜もお灸をして眠ったのですが、やっぱりいいんだなぁ。足のむくみもすっきりする気がする。あまり「おすすめです。」というようなことはしないのですが、お灸おすすめです。夏でも手足が冷たく、なんとなくこう『どよん』と重たいなぁという感じていたのですが、ここ数日は冷え知らずな体になっています。整体や漢方もよかったんだろうな。自分で自分をご機嫌な方へもっていくのは得意だと思っているのですが、体も日々のセルフメンテを心がけていたら応えてくれるものなのだなぁ。空模様もからり続き。心も体も、すっきりご機嫌にいたいものです。

大切に続けてきたことを終えるのは、心の中に新たな気付きの場所をつくる作業なのかなぁと思う。ずっとずっと大切にしてきたものだけれど今のわたしにはフィットしないなぁとか、すこしだけ距離をおいて眺めてみてみようかなぁとか、大切なものの中でも『いま』に合わせて選択していくと自分に嘘がなく呼吸がしやすいなぁと思う。心から気持ちがいいと思えるものを大切に。

立秋までおよそ1週間。毎年のことながら夏の暑さがいよいよこれからだぞっていうときに『秋』という文字をみると妙にすっきり感じるというかなんというか。わたしは冬生まれなのでなんとなく冬が一番好きなように感じるのですが、秋も大好きな季節です。ごはんは美味しいし山は美しいし、かさりとした空気に切なさを感じるのも好き。とはいえまずは目の前の夏。昨日、香川の方とお話する機会があってスマホのマップ上であちらこちらの香川情報をいただきました。いいなぁ瀬戸内。マリンライナーと琴電に乗りたいな。夏の四国も美しかろう。

洗いたてのシーツが好きです。さらさらふわふわ。撮影とかで数日家を空けるときはその準備のひとつとして寝具の洗濯をするようにしています。撮影を終えて帰ってきて、さらさらふわふわで眠れる幸せ。最近はひとりでにやにやしていることが増えて、そんな自分に気付いたとき「わたしこれそんな好きなんだなー」って思ってちょっと嬉しかったりする。洗濯はもうとてもにやにやしますよね。うふふ。今日も洗濯物がよく乾きそうです。朝からとてもうきうき。にしても蝉の大合唱がすごい。じゅわじゅわじゅわじゅわ。いまオンラインで打ち合わせとかしたらやっぱり蝉の声も聞こえるのかな。ものすごい賑やかな環境になりそ。
8月お誕生月のみなさまおめでとうございます。よい夏にしましょ。さー、今月もぼちぼちとまいりましょ。

昨日の夕暮れどき少しだけ街をお散歩しました。じりじりした熱の残った空気と爽やかな風が心地よかったなぁ。冬生まれのあれなのかだんだん日中に動くのが億劫になってくるので、朝の早い時間や夕暮れどきがわたしの行動時間になってきます。そんな時間の山や海でぼーっとしたいなぁ。あっという間に7月も最終日。なんだか今年は夏を短く感じそうだな。線香花火したい。

ゆるめて過ごすってこんなに気持ちの良いものなんだなぁと思った昨日。日頃から暮らしの中にお灸を取り入れている方の指導のもと、初めてのお灸をしてみました。やー、ほんとお見事びっくり。全身がゆるゆるとなっていくのを実感。膝下から足裏にかけて3つのツボでお試ししたのですが、特に足裏の『湧泉』というツボがとっても効きまして。足の指先がこんなポカポカしたことないってくらいにあたたかくなって、心晴れやかになり体ぜんぶが軽くなったように感じました。ほかのツボも試してみたいな。
心が晴れると思考もひとつ穏やかになって、ささやかに美しいなぁと思う瞬間に多く気付けるような気がします。誰に話すわけでもなく、わたしひとりそう思うことの方が多いけれど、そうした瞬間のつみ重ねに出会えるととても豊かな気持ちになる。そしてそのときうかんだ物事やひとが優しい場所にいることを願う。

タクシーの運転手さんが「あと2、3日で梅雨明けじゃないですか?」と話してくれた。今朝はうっすら灰色の雲の隙間から眩しい太陽がのぞいています。どうなんだろ。いよいよ夏が本気出してくるのかしら。あまり暑いのは得意じゃないけれど、心や体にたまった重たいものがカラッとするのは嬉しいなぁと思う。爽やかな風の吹く場所を思い出して、もう少しのじっとりとうまく付き合っていこうと思います。愛で続けたすいかもそろそろ切らなきゃな。なつなつ。

ここ最近では久しぶりに本を読みはじめました。暮らしのリズムがこれまでとちょっと変わったことで、読みたいなぁと思いつつ手をつけられなかった本がたまってしまって。少しずつだけどこれから読み進めていけたらいいなぁ。小さい頃は絵本がすきでよく読んでいた気がします。小学校に入ってからは図書館で「こまったさん」「わかったさん」シリーズを読むのが好きだったし、9つ年上の姉の本棚にたくさんあった少女漫画は片っ端から何度も読みました。大人になってからはブックカバーの下の本の表紙をみて気になったらジャケ買いをしたりと、本にはたくさんふれてきた気がします。読むこともそうですが眺めているだけでも幸せな気持ちになるし、美しいなぁと感じた文章や世界は眠る前に思い出して目を閉じるとわたしの夢見をよくしてくれます。全作家さんにありがとうの気持ちです。はわぁー。本を片手に喫茶店でのんびりしたいなぁ。

最近のさまざまでとても嬉しい気持ちになったのは、まだ出会って間もない華道家さんに「お花をはじめたころを思い出します」と言っていただけたこと。たまたまの出会いでその方にお花を習っているわけではないのですが、お話する機会が多くあり恐れ多くも生けたお花のお世話をさせていただいたりと、お花を介したやりとりをする中でそんな風に言ってもらえたことがとても嬉しかった。とにかくお花がすきでご機嫌に過ごしているだけなのだけど、それをみてくださっていたのかなぁと思うと胸がいっぱいになります。
『思い出す』ってとても素晴らしいことだと思うんです。いいこともそうでないこともあると思うけど、いつかのわたしはそれに気付いていて、今のわたしは忘れてしまっているだけのことってたくさんあると思う。それを思い出した時、自分の深いところと繋がれる気がする。
7月最終週。今週も無理なくぼちぼちいきましょうね。

数年前にフォトグラファーの常盤響さんと明け方の海で撮影した作品があるのですが、最近ひょんなきっかけでそれを見返しまして。撮影当日というかその前日のことからぶわぁって思い出して、またあの明け方の海へ行きたいなぁと思いました。いまはどんな風に写るんだろう。響さんにお便りしてみようかな。
連休最終日ですね。みなさんどんな休日をお過ごしだったでしょう。話変わりますが、最近よく『雨と休日』というCDショップのオンラインショップをチェックしてます。すごくすきです。

ついに蝉の声で目を覚ますようになってきました。じゅわじゅわ本気で鳴いてる。大好きなどくだみや紫陽花は少しずつ褪せてきたなぁ。毎年のことだけれどやっぱり寂しいです。先日ふらりとおじゃました喫茶店があるのですが、そちらは店内にたくさんあるカップの中から好きなものを選んだらそれに珈琲を淹れてくださるお店で、100以上はあったと思うカップの中にそれぞれどくだみや紫陽花が手描きされた器がありました。星空が描かれたものもあったなぁ。その時は他の器を選んでいたのでまた次回にとお話したのですが、このまま季節がうつろう前にもう一度あの器たちを眺めに行こうと思います。

昨日からOPUSの稽古が始まりました。いよいよです。情報公開はもうしばらくお待ちくださいね。
『すき』はとてもシンプルで生命力が溢れ出てくるものなんだなぁとあらためて。好きな時間、好きな空間、好きな人などなど。あちこち掃除して整った状態を保ちつつ、季節のものを体に取り入れて、ささやかに花をいけて生活できたら『すき』が地に足をつけてわたしを支えてくれる気がします。
なんだかふわんふわんするように感じた数ヶ月をもうすこしで抜け出せそうな気がする。夏が本格的に始まるってことなのかなぁ。

笑うと脇腹がいたいなぁと思っていたのですが、数日前久しぶりにしっかりプランクをしたのでした。結果の見えるののはやさよ。いてていてて。気持ちがいいです。
お花屋さんより新しい枝物を家にお迎えしました。マルバノホロシ。ナス科ナス属。最近とてもナスづいていて、ここにもかと嬉しくなりお迎えしました。夏ですなぁ。

数日前に食べようと思ったすいかはまだ切っておらずころんと丸いままです。その佇まいがかわいいのでついつい眺めて愛でてしまう。いつたべよう。洗って乾いた紺色の麻浴衣と薄浅葱色の夏着物とすいか。パソコンの向こう側がえらい夏です。二十四節気、大暑。暑い日が続きましたが体調などいかがでしょうか。週半ばですし、気持ちゆったりできる方はそんな感じでいきましょうね。ぼちぼち。

昨日は夕方から浴衣を着てお出かけしました。紺色の麻生地に紫陽花柄の浴衣。会った方に「涼しげだねぇ」と言っていただいて嬉しかったです。
楽しい気持ちになると、胸の奥がうきうきっとして「うわーい」と両手を広げて飛び込みたくなる。普段は落ち着いていることが多いので、そういうぐんっとココロ躍る瞬間はしっかりキャッチしていきたいなぁ。

蝉の声と湿度とぐぐーと重たい空気。ぎゃー夏だなぁ。いやずっと夏だったのだけれど、最近は爽やかな日が続いていた気がして夏のこういう感じをちょっと忘れてたなぁ。あぶないあぶない。水分とかミネラルとか、熱中症対策気をつけていきましょうね。すいかたべよ。浴衣も着よう。

あつあつのお湯にとかした漢方を飲みながら、前の晩に出会った人たちのことを考える。最近出会う人たちはみんなどこか自分だけの場所を大切にしている人たち。これまでの考え方や生きてきた環境が違っても、おいしいご飯を食べたときやおいしいワインを飲んだあとにはもうずっと小さい頃から語り合ってきた幼馴染みのように思ったりもする。
今日は快晴。暑くなりそうですね。

目を覚ましたときからあたまを離れない曲がある。だいたい前日に聴いたものだったりするのだけど、たまに誰かの前で口ずさんで聴いてもらって「この歌知ってる?なんだか頭から離れないんだけど。」となるくらい、意識的には聴いたことのない曲だったりしておもしろいなぁと思う。無意識にどこかで聴いてるんだろうけれど、自分ではそれがわからないからおもしろい。
今日は午後から久しぶりにOPUSのみんなと会います。うれしい。

今朝はいつもより早起きしてひととおりの家事を終え、台本確認をしていました。このあと家を出て午後から撮影です。台本には普段の生活でこれまで意識したことのなかった言葉が並んでいて、内容的にも勉強しながらすすむ撮影になりそうです。頑張るぞ。撮影ができることが本当にうれしい。
なんだか久しぶりに青空を見た気がします。こんなに鳴いてたっけ?と思うくらい蝉の声がする。新鮮な気持ちで金曜日も過ごしましょ。

実家を離れて10年以上。夜はほとんどシャワーだけだったのですが、ここ数日は浴槽にぬるめのお湯を張って肩まですっぽりつかっています。翌朝目覚めたときの体の感じがこんなにいいものなのかとびっくりです。漢方効果もあるのでしょうがだんだんと体調も整い始め、やっぱり体を大事にしていると心もちょっぴりちょっぴり一歩ずつ軽くなってくるのだなとあらためて。
たとえば明け方の部屋の中。じわりじわりと暗いところと明るいところが溶けていく。光と影の境目があいまいで、ぼやぼや掴みどころのない色。清い湿度。そんな雰囲気を纏った空間や時間や人が好き。

処方されてる数種類の漢方の中では朝に飲むものがいちばん甘くて、起きてすぐ熱いお湯で溶いて飲むと胸の中心がほわぁっとする。どこかの部屋からもれ聴こえてくる音楽が朝にぴったりで、小さい子供の声も聞こえて、深くゆっくり呼吸するともしかしてまだ夢の中にいるのかなという気になったりもする。
どこからか湧いてくる漠然とした喪失感から口をつぐんでしまうことがある。言葉がぐるぐる自分の中に溜まっていくのを感じながら、それらを伝えることができたらいいのになと思う。今日は午後から衣装合わせです。もうすこしだけのんびりしたら出かける準備をしよう。

やすみやすみ、という言葉が好きだったりします。つい気がはやってあれもしなきゃこっちもしなきゃと頭も体もぱたぱたさせてしまうときがある。呼吸もあさくなるしお腹も冷えるし肩も凝るし腰も痛いしと、体が「不調だよー」と声を上げるまで頑張ろうとしてしまうんですよね。頑張るのもいいんだけど、頑張らなきゃいけない時もあるんだけど、いまは、頑張り過ぎないように。やすみやすみ、いきましょう。心の中の美しい風景と、優しいうたをおもう。

祝・ひと月更新。わぁい。hibinoを綴り始めて朝起きるのがより楽しくなったし、美しいものをみたり感じた時に「これはhibinoでお話しできたらいいなぁ」と思うようになりました。自分勝手ではありますが、読んでくれてるだれかがいるのかもなぁと思うだけで、これまでよりもみなさんを近くに感じることができます。仲良くしているカメラマンさんから「ゆきちゃんの文章を読んでると、実際に喋ってるみたいに変換されて音声で聞こえる時あるよ。」と言われた時には「わぁ。嬉しいなぁ。」くらいしか言えなかったけど本当は「うわぁぇえええそんな嬉しいこと言ってくれるんですかちょっとあなた!え?お願いです何度でも言ってくださいお願いします。」ってくらい嬉しかったです。いひ。さすがに音声で脳内再生される方はそう多くいらっしゃらないかもしれませんが、なんかこう、いま読んでくださっているあなたの朝のひとつになれたら嬉しいなぁと思います。どうぞ末長くよろしくお願いします。

昨日、お水を汲みにいきました。生活の中で体の中に入れる水は全部そこで汲んできたものにしています。やっぱりおいしいんだなぁ。飲んですぅーと馴染んでいく。大事だなぁと沁みじみ。水を汲める場所の隣にある産直屋さんで泥付きの辣韮を買ってきて、家で塩漬けにしてみました。うまく漬かるといいな。一晩明けてみると早速しゅわしゅわ発酵を始めていてすごくかわいいです。
3月以降「整える」がいつもより身近なテーマだったような気がします。自分の整え方が分かると、ふわんふわんとした気持ちや、うつうつとした気持ちとの付き合い方がみえてきて自分を責めずにいられる気がする。
今朝は周りのものにありがとうって言って始める日にしてみようかな。もしよければ、あなたもあなたの周りのものや家族にそう伝えて今日を始めてみませんか?

昨夜からまた漢方生活始めました。以前からお世話になっている医院なのですが、昨年夏の明治座公演の前に訪ねたぶりだったようで随分お久しぶりになっていました。今回の調合では『起きてすぐ』『朝夕食間』『寝る前』の1日4回(過去最大数)服用。慣れるまで大変そうだけど、やっぱり調子は上がるので意識的にバランスとっていきたいなぁと思います。あ、そうそう昨日の夢の話ですが、起きたときの心地はとても穏やかでいいものだったのでご心配なくです。夢は体調を表すと心配してくださる方もいて、ありがたいです。
Galleryページに過去に出演したMVを2作品更新しています。GOING UNDER GROUND「Teenage Last」と、TEAM YABO「ことなぐしか」。どちらも前のものだけれど、撮影のそのときそのときの瞬間を瑞々しく思い出せる作品です。土曜日の朝、すこしのんびりのぞいてみてくださいね。

久しぶりにたくさん眠ったような気がして目覚めた朝です。今日の夢は、前にも抱いたことのある(夢の中ではそうは思わなかったけど、目覚めてみると違う夢の中にも出て来た気がする)黒い毛色の犬が膝の上で眠る夢でした。テーブルを囲んで数人で食事をしてるのだけど、てくてくと寄ってきて膝の上にちょこんと乗って眠るの。かぁわいいんだなぁ。あともうひとつみた夢の中では、すごく大きな劇場の客席で7,8歳くらいの女の子を膝の上に乗せていました。この女の子が小さい頃のわたしと顔も髪色も体型もそっくりで、抱っこしているとすごく心地よくてなにか同じものになる感覚が湧いてきて。あの女の子は誰だったんだろう。
今朝も暗い色の雨雲が遠くにみえる。どうか、どうか。みなさんの無事を願います。

今朝は梅干ししょう油茶でスタートです。というのも昨夜久しぶりに貧血っぽいものを起こしまして。体の調子がいいと気持ちも明るくなるので、できるだけバランスのとれた状態を意識しているのですが、ついつい無理させちゃってたのでしょう。ごめんよわたし。友人たちからもちらほら不調気味の知らせが入っていたりで「無理なくね」と声をかけています。暦上では小暑の候。なまぬるい風がうつうつとしたものを運ぶのでしょうか。ゆるゆると、からだ調整さんモードで過ごそうと思います。みなさまもどうぞご自愛くださいね。

お心とばしていただいたみなさまありがとうございます。わたしや家族は元気に過ごしています。なにを選べば正解とか、ここにいれば安全とか、普段以上に選択する時間が待ってくれなかったりしますよね。どうか、どうか。あの地のあの方その方みんな無事でいてくださいと願うばかりです。あなたの家族や友人も、みな元気でありますように。優しい時間の中にありますように。

2014年の年末に行ったミャンマーでのことを最近よく思い出します。そのほとんどが数日間滞在した寺院でずっといっしょだったアナリヤのこと。お互いの母国語とカタコトの英語でのやりとりだったけど、それが不便だなんて一度も思わず、瑞瑞しい心と心のやりとりが溢れていました。
滞在して数日経ったころ、ふたりだけで月をみているとアナリヤが「あなたが私に会いたいなぁと思って瞼を閉じるとき、私はいつもそこにいるよ」と言ってくれた。
胸がきゅうと苦しくなって目の奥が熱くなる時もあるけれど、瞑ったまま静かに優しく、会いたい人に会いにいく。

悩むほどのそれでも古いタイプのロボットにもなってないけれど、昨日の夕方くらいからすこしずつやってきてます筋肉痛。くーー気持ちいい。好きなんです、筋肉痛。いひひ。普段運動なんてほとんどしない(するのはストレッチとほんのちょっぴりの筋トレくらい)ので、このイタ気持ちいい筋肉の張りを感じるとなんだか嬉しくなっちゃいます。んだけどビキィっとくると怖いので「んぬのわー」と声を漏らしつつゆっくり時間をかけて調整していく。このじわぁと伸ばす感じも気持ちよくて好き。
月曜日の朝からなんだか変なご挨拶になっちゃいました。今日もいってらっしゃい。

今朝も掃除から。すっきりすっきりー。星野の山で摘んできた青い紫陽花の水を替えてパソコンに向っています。昨日、今年の田植えを終えました。1年に1度の事とはいえ7年目ともなると作業の流れを家族と共有できているのであっという間に植えてしまうし、田植え翌日の筋肉痛に悩まされることもなくなりました。お米を作り始めた1年目はものすごい筋肉痛で、数日間古いタイプのロボットみたいな動きしかできなかったもんなぁ。秋を楽しみに、田んぼへのちょこちょこ通いが始まります。
大雨の被害が出ている地域がありますね。どうか安全にお過ごしください。

毎週土曜日の朝はホットサンドと決めて、せっせとフライパンで焼いていたころがあります。サンドする具材は冷蔵庫からなんとなく見つけたり、前の晩のおかずの中からチーズに合いそうなものをすこし残しておいて使ったり。薄くカットしたパンに適当にサンドして、パンよりひとまわり小さくてすこし深みのあるお皿でぎゅぎゅぎゅうとフライパンに押し付ける。いい頃合いかなぁってとこでお皿にとってテーブルへ。はふっと食べる。ホットサンドってなんであんなに心を満たしてくれるんでしょうか。
さ、今日はこれから田植え。えへへ。

一昨日、髪を短くしました。ボブというには短く、ショートカットというには長いかなぁという長さです。首元を撫でる風が心地よいです。
この数日は再会に溢れています。同じ福岡で暮らしているけれど会えていなかった方、離れた土地で暮らしていてずっと会えなかった方。世の中色々です。元通りなんてない。いつも「いまできること」「いましたいこと」に敏感でいたい。

先日の日暮れに通りを散歩していたら、横を過ぎて行った車の後部座席の窓から小さな手が握る棒みたいなのがちょこっとだけ出てたんです。何かなっと思うと同時に、キラキラ光る透き通った球体がふわりふわり。小さい小さいシャボン玉。すこしの間空中を漂ってぱちんと消えてしまったそれにものすごく嬉しくなりましたとさ。ありがとー小さな手のあの子。

7月生まれのみなさま、お誕生月おめでとうございます。どうぞよい日々重ねを迎えられますように。
朝起きたら窓を開けて高い所から順にはたいていく。お次は古くなった布巾片手に棚の上なんかを拭き掃除。それから箒で掃いて歩いたり、時間によっては掃除機をガーっと。トイレ掃除、玄関の掃き掃除。お花の水を新しいものにして終わり。毎朝そうして、いつも気持ちのいい風が吹くように自分を整えています。この話をするとよく「お坊さんみたいですね」と言われます。心地よい修行。

6月もおしまい。みなさま今月もお疲れさまでした。紫陽花ももうすぐ終わってしまうのかなぁ。寂しいけれどまた来年。
おしまいとか、はじまりとか、そこでぶつっと切れるものではなく巡ってる感じがして好きです。おしまいははじまりだし、はじまりはおしまいだし。わ、すごい。早口言葉みたいになった。おしまいははじまりだしはじまりはおしまいだし。すみません、読みづらいですね。えへへ。
さ、肩を回して、ふーっと息を吐いて、鼻からすーっと空気を吸う。おなかにすこし力をいれて、背筋を伸ばして。なんか分かんないけどちょっぴりにっこりして。今日もいってらっしゃい。

​​なつかしい人の顔が浮かんで優しい音楽が聴きたくなった。家中の窓を開けて夜と朝の空気をとっかえる。お湯を湧かす。お気に入りの豆を挽いて珈琲を淹れる。お気に入りの写真集をテーブルに開く。椅子に座る。珈琲の入ったマグカップの縁を撫でたり、写真集の頁をめくったりする。今朝は掃除も洗濯もあとまわしでいいね。やすみやすみ、いきましょう。うーんと伸びして深呼吸。

昨夜遅くに福岡へ帰ってきました。感じたこと、嬉しかったこと、後日『LETTER台所からは湯気』に綴ろうと思います。放送開始日もまたそちらでお知らせしますのですこしお待ちくださいね。
そんなこんなで今日は遠征中のお洗濯からスタートです。晴れてて気持ちがいいー。昨日はたくさん雨が降っていたみたいですね。実は田植えの日で、今年は家族と友人にお任せになっちゃうのかぁと寂しく思っていたのですが、お天気の都合で全部は終わらなかったとのこと。おし。田植えしたいもん。田植え後のあの筋肉痛とか結構好きだったりするもん。っとはいえ、星野へ向かい作業してくれたみんなには感謝しかありません。ほんと、ありがたいなぁ。

今朝のhibinoは石川県金沢市から更新しています。とあるTV-CMの撮影です。完成したらまたお知らせさせてくださいね。金沢はずっと来てみたかった場所のひとつ。兼六園にも美術館にも古本屋さんにも行きたい。行けるかなぁ。行けたらいいなぁ。久しぶりに乗った飛行機で小松空港へ着陸するとき空からみた町がなんだかすごく可愛くて「ああこの土地好きだなぁ」って思いました。帰りは新幹線の予定。ああ嬉しい。

最近は家の中でも水筒生活です。朝起きた時の気分で珈琲や紅茶を多めに淹れておくと、飲みたくなったらすぐ飲めて嬉しい。コポコポっとカップに注ぐ音もウキウキして好き。今朝の水筒は珈琲です。ほーっとする。家で過ごす時間が増えはじめた頃、ほぼ毎朝珈琲を淹れていたのでドリップが上手になった気がします。うれしい。あ、またうれしいって言った。よく言ってる気がします。嬉しいという言葉は心がふかぁっとする感じがして好きです。

雨ですね。しっとり音が心地よい。昨夜は映画館へ行きました。観たのは『ニュー・シネマ・パラダイス』。美しかったなぁ。優しい気持ち。出会う人タイミング、さまざまあるけれど、きっかけをのがさずキャッチしていきたい。いつも準備してる状態、Readyでいこうとあらためて。という意志表明。

先月、万年筆を買いました。ずっと気になっていたのだけど手にしっくりくるものとの出会いがなくタイミングを逃していたのです。暮らしの中で、あまりたくさんの物を持ちたくなくて買い物するのに人一倍時間がかかります。「欲しいけど、なんかこうグッと来てない。」となることが多く、出かけても散歩で終わることがほとんど。なのでピンときたもの、すっと馴染むものに出会えた時はすごく嬉しい。そんな時の買い物はすごく早い。分かりやすい。インクの色はフォギーグリーン。ぼんやり曖昧な色味がお気に入りです。その万年筆で文字を書くとざりざりと音がする。のんびり屋にぴったりのアイテムです。

午後うちにいるときは窓ぎわでいろいろな作業をしています。心地よい風が吹くとはわぁと体の力が抜ける。寝相が良すぎるのか眠ったときとほとんど同じ体勢で目覚めることがあるんですよね。起きしなにもう体がいたいっていう。そうなると午前中もどこかなんとなくしんどくて。今日はまったり過ごせよーって何かが言ってるってことにして、のろのろとお茶や珈琲に合うおやつを選んで過ごします。抱き枕をすると眠ってるあいだに体をコロコロ動かすと聞いたことがあるけど本当なのかなぁ。

むし暑くなってからというもの、水出しの緑茶をよく飲んでいます。冷蔵庫で2時間くらい冷やして飲むときゅんと爽やかな気分。お茶どころ八女の出身なのですが、季節関係なくお茶はお湯で淹れていたので正直なところ水出しのお茶にはあまり馴染みがありませんでした。やー、おいしいですね。飲むたび「こりゃおいしいわ」と言いたくなる気持ちです。

父の日。いつだったか「お父さんみたいな、ちょっと気難しい人と結婚してずっと支えてきてさ。お母さんは偉いなぁって思いながら大きくなってきたんだけど、大人になるにつれてそうだけでもないんだなぁって二人をみてて思ったよ。お父さんはお母さんにすごく優しいんだねぇ。恥ずかしがり屋さんだったんだねぇ。」というようなことを母だけに話したら、ふふふと笑ってた。山本家ではバレンタインも誕生日も、父への贈り物は父の好きなメーカーの板チョコです。お父さん、ずっと元気でいてください。それと今日は夏至。

Hibinoご挨拶を始めて1週間が経ちました。早いなぁ。あらためまして、毎朝10時に更新している朝のご挨拶『Hibino』です。たぶん今も自分からたくさんお喋りするタイプではないのですが、子供の頃はもっとそうでした。「ゆきさんな、返事だけは上手にするなぁ」みたいなことを亡くなった祖父によく言われていたっけ。母や祖母はたくさんお喋りしてくれるんですよ。父はとっても無口。かなぁ。あ、でも水戸黄門や遠山の金さんやジャッキーチェンをテレビでみている時はたくさん話してたっけ。っと話が逸れそう。何を言いたいのかというと、この1週間毎朝こうしてご挨拶できるようになってびっくりなのと、それができて嬉しいですということをお伝えしたかったのです。

先日とある人の話を聞いていて、彼女はきっと【好き】を認識するのが苦手なんだろうなぁと思った。苦手なものとか嫌なものにフォーカスを合わせてしまう。ひとそれぞれ色々あるから、それが悪いことだとは思わない。ただ、わたしは「好き」とか「嬉しい」ってたくさん言いたいほう。そっちを選択してフォーカス。たとえば食べ物。「パンあんまり好きじゃないんですよね」より「お米が好きなんですよ」って言いたい。たとえば、ですよ。わたしはパンもお米も大好きです。今朝も珈琲が美味しくて嬉しい。

夜、ベッドに入って(あー眠たくなってきたなぁ。このまま、すーっと眠れそうだなぁー。)の、(あー眠たくなってきたなぁ。このまま、すーっと眠れそ…)くらいで、すぴーっと眠れて起きた朝が好きです。ぱちっとすっきりな目覚め。朝っていいですねぇ。2年くらい前、平家に暮らしていたのですがその時期はお弁当作りにはまって毎朝6時くらいに起きていました。お弁当生活だった高校生の頃、母はこれを毎朝しかも当然のように何十年間と父の分も作ってくれているのか…と、玉子焼きを返しながら思ってったっけ。…よい目覚めでご機嫌だし久しぶりにお弁当作ろうかな。

ついに姿見を入手しました。これまでいつも洗面台の鏡に向かったときにジャンプしながら全身を確認していたのですがついにです。やったぁ。さっそく壁に立てかけるようにして置いてみました。部屋が広く感じてなんだかいいです。えへへ。毎朝の掃除で磨く物が増えてそれもうれしい。そういえば小さい頃からハタチ前くらいまでは鏡がこわくて、いつも布をかけて隠してたっけ。今はむき出しのままだけどこわくない。変わっていくものですね。

小さい頃から、眠っているときにみた夢をよく覚えている方だったと思います。なかでもこれまでに何度も繰り返しみている夢がいくつかありまして。いつも同じところで目が覚めるその夢たちは目覚めた時の気持ちが良くはなくてすこし弱ってしまいます。そんな夢のひとつで、いつもだったら目が覚めるところで「あれ、なんかこれ知ってるなぁ。うわ、夢やん。わーこれ夢だわ。」と気付いたら目が覚めずにワンシーンすすんだものがあって。いつもだったらみていない夢の続きがみれたのです。ワンシーンだけ。あれなんなんだろう。そういうのありますか?

いちばん好きな家事は掃除です。その次に好きなのは洗濯物を干すこと。洗濯物を干すときの自分ルールがあって、物干し竿の左側から〈白くて短いもの・白っぽい長いもの・色付きの長いもの・黒くて短いもの〉と、お洋服の色と長さでグラデーションになるように干すんです。これがピシィっと決まった時の気持ち良さったら。にやにやしつつ今朝もお洗濯。雨雲の隙間。

7年目のお米ごと。故郷の星野村でお米を作り始めて7回目の夏です。6月24日の苗代づくりから3週間。土からぴょこぴょこ顔を出し、無事に苗になってくれそうです。このままもうすこし大きくなって、田んぼに水がたまるようになったら月末か来月の頭かには田植えかなぁ。嬉しいことに「田んぼのことするとき一緒に行きたい」と言ってくれる友人が数名。お誘いしやすい週末に田植えできるといいな。

「Hibino」最初の更新です。ここでは朝のご挨拶のようなものを毎日10時に更新していこうと思っています。Hibino=日々の。なんてことない挨拶ですがお付き合いくださると嬉しいです。
3月からか4月からだったかちょっとうろ覚えなのですが毎朝筋トレをするのにはまりまして。ほぼ、ね。ほぼ毎朝。気が向かないときはそれでよしくらいの毎朝。あ、でもそんなゴリゴリの筋トレじゃないです。簡単なやつ。1分半くらいで終わる。プランク30秒、そのまま片足上げてさらに30秒、左右の足を入れ替えて30秒。なかなかいいです。

LOAD MORE